2015年11月04日

アルテミスS[回顧]

1着  デンコウアンジュ(12人気)
2着 ○メジャーエンブレム(1人気)
3着 ◎クロコスミア(6人気)

勝ちタイムは、1:34.1(良)。上がり34.2。

東京芝は、標準的なタイムの良馬場。
1:34.1も標準的。

12.5-11.3-11.1-12.4-12.6-11.9-11.1-11.2
前半3F34.94F47.3 後半4F46.83F34.2
中盤2つが緩むスローで、加速は遅れ気味、ラスト2F瞬発力勝負。
なお、前半3F目11.1と速くなっているのは、メジャーエンブレムが先頭に立った所。

1着は、デンコウアンジュ。
スタートはよくなく後方追走。
直線向くと大外から長く伸び続けた。
直線の長いコースがピッタリという印象。
前走は斜行で川田騎手が騎乗停止となった難しい馬のはずだが、今回は田辺騎手がまっすぐ走らせた。
メイショウサムソン産駒の重賞初制覇。
個人的には、前走1800mや中1週がデータ不安で軽視していました。
たった3年の過去傾向はあてになりませんね(反省)。
今後もウキヨノカゼのような人気になりにくいタイプになるのか?

2着は、○メジャーエンブレム。
大外枠、好位追走を目指すが掛かり先頭に立つことになり落ち着く。
直線は追い出されて伸びたが、1着馬のキレにかわされた。
スピード豊かのような内容で、もう少し落ち着いた競馬ができればと思う。

3着は、◎クロコスミア。
好スタートをおさえ中位追走。
直線外から伸びたが、1着馬の脚がすご過ぎで、この馬も伸びている。
5人気ウインファビラスが9.0倍で、6人気のこの馬が31.7倍。
このオッズ差の能力差があるとは思えず、個人的には驚きのオッズでした。
これで2走連続重賞3着だが、賞金加算ができなかったのが痛い。
(賞金加算のためのレースを使わなければいけない)

4着ペプチドサプルは、後方イン追走、直線は外に持ち出し最後まで伸びた。
前走1200mを先行していた馬とは思えない好内容。

5着△ウインファビラスは、中位のイン追走、直線は進路にやや不利があったがキレ不足。
前走新潟2歳Sは1着馬強すぎの2着だったが、3着以降馬のレベルが低かったのでは?

6着△エスティタートは、掛かり、1400m向きか。

2人気▲カイザーバルは、7着。
メジャーエンブレムが3角前までに上がっていったのを追いかけようとすると掛かり好位に。
直線は伸びなかった。
キャリア1戦(かつ良血)の馬は人気を裏切りやすい。
(できる限り○印にしないようにしています)

3人気△ビービーバーレルは、13着。
前走は逃げだったが、もまれるとダメなのか。


独断と偏見による2歳重賞レベル判定は、
<メンバーレベル>
アルテミスS 「B」
サウジアラビアRC 「BA」
小倉2歳S 「BC」
札幌2歳S 「B」
新潟2歳S 「BC」
<1着馬レベル>
アルテミスS 「BA」
サウジアラビアRC 「AB」
小倉2歳S 「A」
札幌2歳S 「BA」
新潟2歳S 「A」
(評価は各レース回顧直後の印象で修正はしません)

posted by 穴馬ユウサク at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする