2015年11月17日

武蔵野S[回顧]

1着 ▲ノンコノユメ(2人気)
2着  タガノトネール(5人気)
3着 ○モーニン(1人気)

勝ちタイムは、1:34.7(稍重)。上がり36.5。

土曜の東京ダートは、5R以降稍重で速いダート。
1:34.7は過去10年最速だが、この馬場では標準的。

12.0-11.0-11.4-11.7-12.1-12.1-11.9-12.5
前半3F34.44F46.1 後半4F48.63F36.5
前後半差2.5秒の速いペース。

1着は、▲ノンコノユメ。
後方追走、直線外から伸び最後にハナ差かわした。
58キロを背負ってのものだから見事。
上がり2位の馬より1.1秒速いダントツの末脚。
ジャパンダートダービーは上がり2位より1.4秒速かった。
ユニコーンSは上がり2位より1.1秒速かった。
驚異の末脚。

2着は、タガノトネール。
3番手追走、3〜4角で2番手、直線向くと先頭、ゴール寸前まで先頭だった。
タガノエスプレッソの半兄。
1400実績馬なので距離がやや長いのでは?と無印にしてしまったが、充実している。
速いダートも向いたか。

3着は、○モーニン。
中位から好位4番手へ位置を上げての追走。
直線は、タガノトネールとの差を詰めることができず、自身上がりはタガノトネールより0.1遅い完敗。
終わってみれば過剰人気だった。
今回は重賞の壁だが、重賞経験を重ねれば一流馬になっていくのでは?

4着ニシケンモノノフは、2番手追走、4角3番手、直線はモーニンとの叩き合いの形となり競り負けた。
距離が長いかと思っていたら、あまり問題なさそう。
古馬重賞実績ない馬としては上々の結果。

5着△グレープブランデーは、好位追走掛かり気味、最後に伸びが止まり1着と0.9差、4着と0.6差と離された完敗。
Tベリー騎手というのは、あのFベリー騎手とは違うんですね。

3人気△ゴールデンバローズは、11着。
3〜4角の時点から追走に余裕なく(走るのがイヤ?)直線はさっぱり。
このままでは早熟馬に終わってしまう。

◎としたフィールザスマートは、8着。
後方から伸び平凡。
昨年5着より悪くなった。復調途上か。

posted by 穴馬ユウサク at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デイリー杯2歳S[回顧]

1着 ▲エアスピネル(2人気)
2着 ○シュウジ(1人気)
3着 ☆ノーブルマーズ(7人気)

勝ちタイムは、1:35.9(雨・稍重)。上がり34.2。

土曜の京都芝は、朝からずっと稍重発表だったが、午前中は曇り10R11Rの頃は本降りの雨で実質重レベルに近かったのでは?
1:35.9は重レベルのタイム。

12.8-11.7-12.1-12.8-12.3-11.3-11.3-11.6
前半3F36.64F49.4 後半4F46.53F34.2
スローからの上がり3F勝負。
馬場悪い分、1着馬以外はラスト100mで止まり加減。
(2着馬のラスト1F12.2、それでも上がり2位)

1着は、▲エアスピネル。
好位追走、直線は楽々と差しきり、3馬身半差で余裕あり。
これは強い!
母エアメサイア祖母エアデジャヴー伯父エアシェイディの良血馬。
G1が楽しみな器。

2着は、○シュウジ。
逃げるつもりはなくてもおさえがきかず逃げることに。
スピードが勝ち過ぎていて、現状はマイルは長い。
マイルの中京2歳S1着時とは相手のレベルが違った。
1200mG1なら楽しみか。

3着は、☆ノーブルマーズ。
2番手追走、直線はシュウジに離されかけたが最後は半馬身差に詰め寄った。
粘り強い先行タイプ。
これで6戦すべて上がり3位。

4着△ナイトオブナイツは、好位追走、直線じり伸び。

5着△リッチーリッチーは、中位追走からじり伸び。

5人気△メイプルキングは、13着。
出遅れ、直線伸びず。
  
3人気4人気5人気馬の上記3頭は前走完勝だったが、レースレベルが低かったのだろう。
(ただ、今回馬場のせいの可能性はある)

◎としたテイエムハヤブサは、9着。
この馬の前走もレベルが低かったのだろう。
距離ももう少しあった方がよさそう。


独断と偏見による2歳重賞レベル判定は、
メンバーレベル
デイリー杯2歳S 「BC」
ファンタジーS 「BC」
京王杯2歳S 「BC」
アルテミスS 「B」
サウジアラビアRC 「BA」
小倉2歳S 「BC」
札幌2歳S 「B」
新潟2歳S 「BC」
1着馬レベル
デイリー杯2歳S 「A」
ファンタジーS 「B」
京王杯2歳S 「BA」
アルテミスS 「BA」
サウジアラビアRC 「AB」
小倉2歳S 「A」
札幌2歳S 「BA」
新潟2歳S 「A」
(評価は各レース回顧直後の印象で修正はしません)

posted by 穴馬ユウサク at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする