2015年11月25日

マイルCS[回顧]

5着まで5番人気以内の決着。

1着 △モーリス(4人気)
2着 ▲フィエロ(2人気)
3着 ○イスラボニータ(1人気)

勝ちタイムは、1:32.8(良)。上がり33.8。

京都芝は、標準的やや速めくらい。
1:32.8は、遅め。
スローだったから。

12.6-10.9-11.1-12.5-11.9-11.1-11.5-11.2
前半3F34.64F47.1 後半4F45.73F33.8
前半4F目坂の上りが遅くなるコースだが、それにしても今年は12.5と緩み過ぎ。
ラスト1F11.2という瞬発力勝負となった。

1着は、△モーリス。
中位外追走から差しきり。
この流れで1馬身1/4差だから着差以上の完勝。
個人的には順調さを欠いての出走が不安で、無印にしたい一番下の△印に。
堀厩舎の仕上げがお見事。
これで堀厩舎へ転厩してから[5.0.0.0]。
転厩前は[2.0.1.4]だった。

2着は、▲フィエロ。
中位追走から伸びた。
昨年に続き2着。
どうしても勝ちきれないタイプ。

3着は、○イスラボニータ。
出遅れからやや位置を上げ後方寄り追走。
直線は内から伸び上がり1位33.0。
出遅れなければ2着はあったか。

4着△サトノアラジンは、中位追走から伸びたが3着とハナ差。
前2走の重賞ともに0.0差2着だったが、それだとG1勝つにはやや足りなかった。

5着アルビアーノは、好位追走掛かり気味、直線内から伸びたが及ばなかった。
1400mの方がいいのか?

10着△ダノンシャークは、個人的には思ったより人気薄に感じたのですが、このペースであの位置では無理(上がり2位)。
岩田騎手の失敗か?(下げて内を狙いにいく作戦だったか)
ただ最後はリアルインパクトに伸び負けた。

◎としたロゴタイプは、9着。
こんなに上がりが速いのは、この馬には不向き。
それに掛かっていた。
京都の坂の下りも合わないのか。

14着ヴァンセンヌは、この秋はどうなってしまったのか。

posted by 穴馬ユウサク at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする