2016年02月29日

中山記念&阪急杯&アーリントンC[回顧]

中山記念

強力4歳馬のワンツースリー。

1着 ○ドゥラメンテ(1人気)
2着 △アンビシャス(4人気)
3着 △リアルスティール(2人気)

勝ちタイムは、1:45.9(良)。上がり34.9。
標準〜やや速めの馬場。
1:45.9はやや速め。

12.6-12.0-11.9-11.6-11.3-11.6-12.0-11.1-11.8
前半3F36.54F48.1(5F59.4) 後半4F46.53F34.9
3Fごとは、36.5-34.5-34.9
中盤が速い。
中山記念でありがちなラップで、レベルが低いメンバーの年ならば、持続ラップに向く馬が人気以上に好走しやすい。
今年は、強力メンバーでラップがどうであろうと関係ない結果。

1着○ドゥラメンテは、斤量2キロ差で着差以上の完勝。


阪急杯

1着 ○ミッキーアイル(1人気)
2着 △オメガヴェンデッタ(4人気)
3着 △ブラヴィッシモ(5人気)

勝ちタイムは、1:19.9(良)。上がり34.7。
阪神日曜は速い馬場(開幕週・気温の上昇(15度)で高速化した?)。
(阪神は中山のような開催前のエアレーション作業はなし)
1:19.9はスワンSサクラバクシンオーのコースレコードタイ(阪急杯過去最速)。
すみれSも過去最速という馬場だから、時計的な価値はそれほどでもないだろう。

12.1-10.5-11.2-11.4-11.2-11.4-12.1
前半3F33.8 後半3F34.7
速めのペースだが、馬場がいいので上がりも速め。
なので後ろからでは届かない。
上がり1位2位馬は、4着(2位)7着(1位)10着(1位タイ)。

あわや穴になりかけたのが、4着サドンストーム(3着とハナ差)。
昨年阪急杯4着・14年スワンS4着・ファルコンS3着・京王杯2歳S2着。
1200mばかり使われているが、1400mでも走れる。

今回の馬場やレース内容から、次走の狙いは、☆ダノンシャークとヒルノデイバロー。


アーリントンC

5着まで同タイムの大混戦。

1着 △レインボーライン(4人気)
2着 ◎ダンツプリウス(9人気)
3着  ロワアブソリュー(7人気)

勝ちタイムは、1:34.1(良)。上がり35.0。
土曜阪神は、やや速めの馬場。
1:34.1もやや速め。
9R古馬1000万下特別より0.8秒早いが、9Rは前半5F61.0のスローだったから(アーリントンは59.1)。

12.4-10.6-11.4-12.3-12.4-11.4-11.3-12.3
前半3F34.44F46.7 後半4F47.43F35.0
前半3F34.4は過去10年最速。中盤2つは緩め。
全体的には、速めの平均ペース。

2着◎ダンツプリウスは、1番人気○アーバンキッドに前走で勝っているのに9人気はおいしい人気でした。

3着ロワアブソリューは、さすがきさらぎ賞3人気馬。
掛かって先行大敗の前走から、後方待機の競馬で変身した。

独断と偏見によるレベル判定は、
<メンバーレベル>「B」
<1着馬レベル>「BA」

posted by 穴馬ユウサク at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月28日

阪急杯【予想】

過去の穴馬に多いのは、
「阪神実績」
「前走、京都重賞または阪神C」
「内枠(6番以内)」

マイネルアウラート  前走マイルのスローより1400の方が向くはず
○ミッキーアイル
▲ミッキーラブソング
ダノンシャーク  前走は前が詰まって全く追えず
△オメガヴェンデッタ
△ブラヴィッシモ
▽レッツゴードンキ  この距離への対応は未知数

posted by 穴馬ユウサク at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月27日

中山記念【予想】

過去の穴馬に多いのは、
「中山実績」
「6歳〜8歳」
「逃げ」  

ラストインパクト
2年前小倉大賞典1着があるように、この距離でのスピード持続の競馬は合っていると思う。
○ドゥラメンテ
▲イスラボニータ
マイネルラクリマ  超久々問題も、小回り1800は向く
△リアルスティール
△ロゴタイプ
△アンビシャス

posted by 穴馬ユウサク at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーリントンC【予想】

過去の穴馬に多いのは、
「逃げ先行好位」
「前走完敗、2走前1着」

ダンツプリウス  前走の2着馬○と人気に差がありすぎ
○アーバンキッド
▲ヒルノマゼラン
マディディ  内枠の地味な前走1600m1着
△レインボーライン
△レオナルド
▽ボールライトニング  前走大敗は気がかり

梅田の事故は、運転手が大動脈解離を発症したことが原因のようですが、私の父が昨年11月に倒れたのも大動脈解離が原因でした。
私の父の場合、何の予兆も感じられませんでした。
急に意識を失う場合がある恐ろしい病気です。
私の父の場合、3時間後に意識が回復し、人工血管に取り替える手術は成功しました。
(が、倒れた時に頚の脊髄を損傷、今もリハビリ病院に入院中)
自分を傷つけましたが、他人を傷つけなくて本当に良かったと、今回感じました。
手術が成功すれば、退院後は何事もなかったかのように生活できる病気のようです(加藤茶・大木凡人・笑福亭笑瓶など)。

posted by 穴馬ユウサク at 00:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月23日

ダイヤモンドS&京都牝馬S&小倉大賞典[回顧]

ダイヤモンドS

1着 △トゥインクル(4人気)
2着 ▲フェイムゲーム(2人気)
3着  ファタモルガーナ(8人気)

勝ちタイムは、3:37.8(稍重)。上がり37.1。
土曜は雨で馬場が悪化していき、雨量が増した11R12Rは「実質不良レベル」のタイム。
これだけ悪いと、道悪適性がはっきりと出てしまう。

13.2-12.4-12.6-12.5-12.3-13.1
-13.3-13.8-13.3-12.5-13.1-13.0
-13.0-12.6-11.7-12.6-12.8
ラスト3F目で加速はしても、馬場が悪いので最後は4着以下馬は脚が上がってしまった。
1着と2着は4馬身差、2着と3着は5馬身差。
1着と5着は2.9秒差。
極悪馬場でありがちな着差。

1着△トゥインクルは、不良馬場の未勝利で1.3秒差1着がある。
春天が不良馬場になればチャンスがあるかも?

2着▲フェイムゲームは、昨年比+14キロなら上々の結果。

3着ファタモルガーナは、昨年2着馬。
5人気くらいかと思っていたら、前走完敗が気になった私と同様、皆さんもそう思ったのか?

「敗因は道悪」というのはよくある言い訳だが、今回はかなり馬場が悪く(実質不良に近い)、4着以下の馬については敗因が道悪の可能性は十分にある。


京都牝馬S

1着 ○クイーンズリング(1人気)
2着  マジックタイム(6人気)
3着 ▲ウインプリメーラ(3人気)

勝ちタイムは、1:22.9(重)。上がり36.0。
馬場発表通りにタイムも変化した。重標準のタイム。

12.4-11.3-11.5-11.7-11.5-12.1-12.4
前半3F35.24F46.9 後半4F47.73F36.0
道悪の分、上がりがかかった。

2着マジックタイムは、前走準OP1着で、過去の穴馬に多い傾向。
時期と距離が今年から変わったが、近走上昇の馬が穴になりやすいことには今後も変わりがない?

4着スナッチマインドは、クセの強い直線のレースぶり。


小倉大賞典

定年の松田博資師が有終のV。

1着 ▲アルバートドック(2人気)
2着 △ダコール(6人気)
3着  ネオリアリズム(5人気)

勝ちタイムは、1:46.7(良)。上がり35.3。
良に回復したが、小倉にしてはやや時計がかかり気味。稍重標準のタイム。

12.4-11.2-11.9-12.0-11.9-12.0-11.5-11.7-12.1
前半3F35.54F47.5(5F59.4) 後半5F4F47.33F35.3
平均ペース。

1着▲アルバートドックは4角最内、2着△ダコール4角大外。
それで頭差だから、実質の着順は逆。

2着△ダコールは、単勝は6人気だが複勝は4人気。
3着ネオリアリズムは、単勝は5人気だが複勝は7人気。

posted by 穴馬ユウサク at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月22日

フェブラリーS[回顧]

1着 ▽モーニン(2人気)
2着 ○ノンコノユメ(1人気)
3着 ◎アスカノロマン(7人気)

勝ちタイムは、1:34.0(重)レコード。上がり35.6。
3R未勝利で1:35.7、9RヒヤシンスS1:35.4という(超)高速馬場。
この馬場なら1:34.0は優秀ではなく当然出るべき時計。
優秀なら1分33秒台になって不思議なかった。
(コース改修前クロフネ武蔵野S1:33.3良)

12.2-10.8-11.1-12.0-12.3-11.9-11.6-12.1
前半3F34.14F46.1 後半4F47.93F35.6
速めのペースだが、高速馬場なので最後まで減速しなかった。

1着▽モーニンは、JRAダートG1史上最少かつ最短のキャリアでの制覇に価値がある。
歴史に残る名馬に育つ可能性があるが、低速ダートではどうなのか?

2着○ノンコノユメは、追込馬の宿命。
馬場も向かなかったが、G1レベルになると2着になってしまう。

3着◎アスカノロマンは、かつては重賞で大敗が多かったが、3歳時はレパードS3人気馬で現5歳世代のトップグループの1頭だった、その素質が本格化してきた。

4着▲ベストウォーリアと5着△ロワジャルダンは、G1では少し足りない。

7着△コパノリッキーは、3連覇は至難ということか、今後は復活あるのかどうか。

10着無ホワイトフーガは、5人気となったが、サンビスタは例外で、地方牝馬ダートとはレースレベルが全然違う。

個人的には、今年は絶不調スタートでしたが、G1初戦で3連複的中で、胸をなでおろしています。


posted by 穴馬ユウサク at 23:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月21日

小倉大賞典【予想】

過去の穴馬に多いのは、
「前走1月重賞(で完敗)」
「斤量増減0(または2キロ以内の減)」
「高齢馬(特に7歳)」
「ローカル重賞実績」「内回り実績」

コスモソーンパーク  昨年2着
○マイネルフロスト
▲アルバートドック
メイショウヤタロウ  前走のようにハマれば
△ハピネスダンサー
△ダコール
▽ベルーフ  気難しく器用さ欠く

posted by 穴馬ユウサク at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月20日

フェブラリーS【予想】

過去の穴馬に多いのは、
「東京大賞典またはチャンピオンズCに出走(3着以下完敗)」
「重賞実績(特にG1実績・南部杯実績)」
「外枠(7枠8枠)」

アスカノロマン
前走はゆったりとした流れが良かったのかもしれない。
それにしても先行して上がり1位で強い内容だった。
半信半疑だが、本格化したという方に賭けてみる。

○ノンコノユメ
▲ベストウォーリア
ローマンレジェンド
昨年上がり1位。3走前の内容からは衰えたとは思えない。
短い間隔で連続好走できないタイプで、前走凡走はここに向けてはいいことだ。
△コパノリッキー
△ロワジャルダン
▽モーニン  G1で1600mで即通用するのか?


(G1しか見に来ない人への説明)
▽印(逆三角印)は、「危険な人気馬」と思う馬です。
(過剰人気だと思うが、一応おさえる馬)

posted by 穴馬ユウサク at 23:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月19日

ダイヤモンドS【予想】

過去の穴馬に多いのは、
「2400m以上実績」
「前走、条件クラス」

ネオブラックダイヤ  折り合えれば春天5着の能力発揮
○タンタアレグリア
▲フェイムゲーム
ペルーサ  秋天上がり2位で悪くない近況
△トゥインクル
△カムフィー
▽モンドインテロ  初OPで人気し過ぎでは?

posted by 穴馬ユウサク at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都牝馬S【予想】

今年から時期が遅くなり1400mとなった。
昨年までの穴馬に多いのは、
「近走準OP1着」または「重賞実績」
「関東馬」

ベルルミエール  京都1400mで3勝
○クイーンズリング
▲ウインプリメーラ
ペルフィカ  フィリーズRでクイーンズリングの2着
△ウキヨノカゼ
△レッドオーヴァル
▽ウリウリ  57キロがどうか

posted by 穴馬ユウサク at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月16日

共同通信杯&京都記念&クイーンC[回顧]

個人的には、長い長いトンネルをようやく抜けました。
(昨年11月7日以降◎の3着内なし、過去の連続ハズレ記録を土曜クイーンCで更新した後、ようやく的中)

共同通信杯

1着 ◎ディーマジェスティ(6人気)
2着 △イモータル(5人気)
3着 △メートルダール(3人気)

勝ちタイムは、1:47.4(稍重)。上がり35.6。
土曜は高速だったが、日曜は稍重標準から良標準に近づいていった(ただ上がりが速くない馬場)。
9R10Rは、良標準のタイム。
共同通信杯1:47.4はやや平凡(スローではないのだから)。

12.7-11.3-11.8-12.1-12.1-11.8-11.5-11.8-12.3
前半3F35.84F47.9(5F60.0) 後半4F47.43F35.6
平均ペース。
上がり35.6は、上がりが速くなりやすい共同通信杯らしくない。

1人気○ハートレーは、不可解な結果。
2人気▲スマートオーディンは、前走の超スローとは真逆な流れのせいか(マイラー?)。

◎ディーマジェスティは、4角の手ごたえからは勝つとは思えなかった。
母父ブライアンズタイム・母母父サドラーから、こういう馬場・上がりが向いた可能性はある。

<メンバーレベル> 「BA」(掲示板全体のレベル)
<1着馬レベル> 「AB」(こういう馬場・上がりならA)
(AA・A・AB・BA・B・BCの順)


京都記念

5人気は何かと見たらワンアンドオンリーですか・・(サトノクラウンより人気が上だったんですね)。

1着 △サトノクラウン(6人気)
2着 △タッチングスピーチ(3人気)
3着 △アドマイヤデウス(4人気)

勝ちタイムは、2:17.7(重)。上がり36.7。
土曜は標準的だったが、大量の降雨で不良から重になっても、タイムは不良馬場レベルのまま。
こんなに時計がかかる馬場は、京都では珍しい。

13.0-12.0-13.0-13.0-12.6-12.7-12.4-12.3-12.1-12.1-12.5
前半3F38.04F51.05F63.6 後半5F61.44F49.03F36.7
京都外2200の標準的なスローからのロンスパ気味。
上がりが速くないのは馬場が悪いから。


クイーンC

1着 ○メジャーエンブレム(1人気)
2着  フロンテアクイーン(7人気)
3着  ロッテンマイヤー(6人気)

勝ちタイムは、1:32.5(良)。上がり34.7。
土曜は高速馬場。
9R1000万下特別で1:45.5のタイムが出る馬場だから、1:32.5というほど恐ろしく優秀でもないだろうが、好タイムには違いない。

12.3-10.8-11.3-11.7-11.7-11.2-11.6-11.9
前半3F34.44F46.1 後半4F46.43F34.7
平均ペース。
とはいえメジャーエンブレムにとって平均でも、他の先行馬には速いペース。
先行好位馬は全滅した。
(2着馬を1着と仮定した場合のレースラスト1Fは12.7)

<メンバーレベル>「B」
<1着馬レベル>「AA」

posted by 穴馬ユウサク at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月13日

共同通信杯【予想】

数少ない過去の穴馬に多いのは、
「前走500万以上」(新馬未勝利でない)
「重賞出走経験」
「前走今年」

ディーマジェスティ  前走東京で速い上がりで1着
○ハートレー
▲スマートオーディン
△リスペクトアース
△メートルダール
△イモータル

posted by 穴馬ユウサク at 23:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都記念【予想】

数少ない過去の穴馬に多いのは、
「逃げ先行」(前走は逃げていない)
「京都実績」

スズカデヴィアス  昨年2着
○ヤマカツエース
▲レーヴミストラル
ヒストリカル  7歳でも近走地味に充実
△タッチングスピーチ
△アドマイヤデウス
△サトノクラウン

posted by 穴馬ユウサク at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月12日

クイーンC【予想】

過去の穴馬に多いのは、
「1600m1着がある」
「前走中位より前」

コパノマリーン  前走直線斜行、真っすぐ走れれば。
○メジャーエンブレム
▲ビービーバーレル
ラブリーアモン  前走上がり1位、東京の方がいい。
△ペルソナリテ
△サプルマインド
△ルフォール

posted by 穴馬ユウサク at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月08日

きさらぎ賞&東京新聞杯[回顧]

先週から回顧は当分の間(期間未定)簡略版とさせていただいております(時間と心の余裕がないため)。

きさらぎ賞

1着 ○サトノダイヤモンド(1人気)
2着 △レプランシュ(4人気)
3着 ▲ロイカバード(2人気)

勝ちタイムは、1:46.9(良)。上がり34.9。
標準的(〜速め)なタイムの良馬場、1:46.9は好タイム。

12.9-10.8-11.8-12.0-12.3-12.2-11.7-11.9-11.3
前半3F35.54F47.5(5F59.8) 後半4F47.13F34.9
ほぼ平均的なペース。
ラスト1F11.3は、サトノダイヤモンド(2着に0.6差)にとってはスローだったのだろう。

<メンバーレベル> 「AB(〜BA?)」(2着3着馬のレベルは?)
<1着馬レベル> 「AA」
(AA・A・AB・BA・B・BCの順)


東京新聞杯

1着 △スマートレイアー(5人気)
2着  エキストラエンド(6人気)
3着 ☆マイネルアウラート(11人気)

勝ちタイムは、1:34.1(良)。上がり33.5。
日曜は、速めだった土曜よりは若干時計がかかり気味(夜の雨の影響が多少あったか)で標準やや速め程度。
1:34.1は平凡すぎ。スローだったから。

12.7-11.4-11.9-12.4-12.2-11.2-11.0-11.3
前半3F36.04F48.4 後半4F45.73F33.5
かなりのスロー。
まさかの逃げスマートレイアーは、実質は脚をためて差したようなもの。



個人的な予想の方は、昨年秋天翌週から◎がハズレ続け、ついに「37重賞連続で◎の3着内なし」。
今までの連続ハズレ記録(2013年3月〜6月初)37連敗に並びました。
次週は記録更新がかかります。

一方、☆印の今年の複勝回収率は、287%です。
(なお、昨年の☆印の年間複勝回収率は60%)

posted by 穴馬ユウサク at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月06日

きさらぎ賞【予想】

過去の穴馬に多いのは、
「京都実績」「直線平坦実績」
「1800m実績」
「キャリア3戦以上」

ノガロ  上位人気4頭とオッズほどの能力差があるだろうか?
○サトノダイヤモンド
▲ロイカバード
△ロワアブソリュー
△レプランシュ

posted by 穴馬ユウサク at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京新聞杯【予想】

過去の穴馬に多いのは、
「東京実績」
「前走ニューイヤーS」

テイエムタイホー  3着内16回中15回が「12月〜4月」
○ダッシングブレイズ
▲ダノンプラチナ
マイネルアウラート  前残り期待
△ダイワリベラル
△グランシルク
△スマートレイアー

posted by 穴馬ユウサク at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月02日

シルクロードS&根岸S[回顧]

今後しばらくの間(2ヶ月位になるか、1年超になるか不明)、回顧は簡略版とさせていただきます。
(時間と精神面の余裕がないため)

シルクロードS

1着 ▲ダンスディレクター(2人気)
2着  ローレルベローチェ(5人気)
3着  ワキノブレイブ(11人気)

勝ちタイムは、1:07.9(稍重)。上がり34.2。
稍重(〜良)標準くらいの馬場。

12.0-10.9-10.8-11.1-11.4-11.7
前半3F33.7 後半3F34.2
先頭と2番手が離れていて、実質はもっとスロー。
2番手を先頭と仮定した場合のレース前後半は「34.3-33.6」。

(以下省略)



根岸S

1着 ○モーニン(1人気)
2着 △タールタン(6人気)
3着  グレープブランデー(10人気)

勝ちタイムは、1:22.0(稍重)。上がり35.6。
高速ダート。コースレコードと0.1差。

12.4-10.9-11.3-11.8-11.9-11.5-12.2
前半3F34.6 後半3F35.6

(以下省略)

3着グレープブランデーは、今さら狙いにくい存在だったが、最近のレースぶりから1400mがいいと判断した人は狙えたようだ。

posted by 穴馬ユウサク at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする