2016年03月29日

日経賞&毎日杯&マーチS[回顧]

日経賞

1着 ▲ゴールドアクター(2人気)
2着 ○サウンズオブアース(1人気)
3着 △マリアライト(4人気)

勝ちタイムは、2:36.8(良)。上がり33.9。
標準的なタイムの良馬場。
2:36.8は、かなり平凡。
スロー過ぎたから。

7.0-12.1-12.6-13.1-13.1-13.7-13.5
-13.2-12.4-12.2-11.8-10.9-11.2
13秒台が5つもある超スロー。
上がり2Fのキレ勝負。

1着▲ゴールドアクターは、2キロの斤量差があるのだから強い内容。

2着○サウンズオブアースは、重賞未勝利で、重賞2着は6回目。

3着△マリアライトは、有馬記念の内容からも牡馬一線級とほぼ差がない競馬ができる強い牝馬。

4着△アルバートは、上がりが速いと苦戦。

5着△ディサイファは、距離が長いのか?上がりが速いのが合わないのか。

7着◎ホッコーブレーヴは、単勝52倍の人気薄には驚いたが、その通りさっぱりの結果。終わってしまったのだろうか?


毎日杯

1着 ○スマートオーディン(1人気)
2着 △アーバンキッド(4人気)
3着 ▲タイセイサミット(2人気)

勝ちタイムは、1:47.3(良)。上がり33.3。
標準〜速めの良馬場。
1:47.3はやや遅めだが、スローだったから。

12.6-11.5-12.2-12.6-12.7-12.4-11.3-10.6-11.4
前半3F36.34F48.9(5F61.6) 後半4F45.73F33.3
かなりのスローから、上がり3F瞬発力勝負。
過去10年の上がり3F最速が2010年34.1だから、今年はダントツに上がりが速い。
(なお、その2010年1着は、スマートオーディンの父ダノンシャンティ)
(その後ダノンシャンティは、NHKマイル1着、ダービー前日出走取消)

1着○スマートオーディンは、東スポ杯1着の自身上がりが32.9、今回の自身上がりが32.7というキレ味。
逆に前走のように上がりがかかる馬場展開は苦手(プラス体重のせいもあっただろうが)。

2着△アーバンキッドは、相手が強過ぎた。

3着▲タイセイサミットは、上がりが速いと決め手に欠ける。

4着◎レインボーフラッグは、上がり2位。
「距離短縮で脚がたまれば」という私の期待にこたえてくれたが、少し足りなかった。

5着△ロワアブソリューは、正攻法の競馬より逃げか追込みの方がいいタイプか。


マーチS

1着  ショウナンアポロン(8人気)
2着 ○バスタータイプ(1人気)
3着 ▲ドコフクカゼ(2人気)

勝ちタイムは、1:52.7(良)。上がり37.3。
標準〜やや速めの良馬場。
1:52.7はやや物足りないが、スローだったから。

13.1-12.1-12.9-12.9-12.3-12.1-12.2-12.1-13.0
前半3F38.14F51.0(5F63.3) 後半4F49.43F37.3
前半4Fが超スロー。
上がり5Fの競馬となった(超スローからのロンスパ)。

1着ショウナンアポロンは、オープン入りしてから初めて単騎でマイペースで行ける楽な展開。
メンバー構成とトウショウフリークの大外枠から、単騎で行ければ粘れると予想した人は狙えた(私はサッパリ)。
この馬、8人気以下での連対は6度目。

2着○バスタータイプは、これで全成績が[5.5.2.1]。

3着▲ドコフクカゼは、展開不利上がり1位。

4着△イッシンドウタイは、決め手不足。

5着△クリノスターオーは、58キロとはいえ、重賞3勝の全盛期より弱くなっている?

4人気11着△サンマルデュークは、展開不利とはいえ、さすがに重賞となるとOP特別のようにはいかないか。

posted by 穴馬ユウサク at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

高松宮記念[回顧]

1着 ▲ビッグアーサー(1人気)
2着 △ミッキーアイル(2人気)
3着 ▽アルビアーノ(3人気)

勝ちタイムは、1:06.7(レコード)。上がり34.0。
土曜は10R1000万下特別で1:07.4の新中京レコード、日曜は7R500万下1:07.3でレコード更新。
10R準OPでは2200m2:09.9の日本レコード。
こんな高速馬場だから、1:06.7は標準的。
いったいなぜこんな超高速馬場になったのだろうか?

11.7-10.1-10.9-10.8-11.1-12.1
前半3F32.7 後半3F34.0
スプリントG1らしい速い流れになった。

1着▲ビッグアーサーは、昨年高松宮記念当日の岡崎特別で高松宮記念と0.1差のタイムで勝った馬。昨年の回顧で「来年の高松宮記念を勝つかもしれない」と書いた馬。
前2走それなりの敗因はあったが、左回りの方がいいか。

2着△ミッキーアイルは、昨年控える練習をしていたのが生きたか。
最後は相手が強かった。

3着▽アルビアーノは、1200mではこれくらいが能力なのか、前走で筋肉痛めた影響はなかったのだろうか。

4着アクティブミノルは、好位からの外差しで、今までにない内容。

5着△エイシンブルズアイは、上がり2位で、高速馬場では位置が後ろ過ぎた。

4人気9着○ウリウリは、外追走のロスありとはいえ、競走馬のピークを過ぎてしまったかも?

◎としたハクサンムーンは、11着。
2年前3着が、34.3-33.8。昨年2着が、34.0-34.5。
ペースバランスが違いすぎた。
それにこの馬場では大外枠の不利もあり、加えて衰えもあるか。

土曜朝時点で◎に考えていたのは、13着ウキヨノカゼ(最後は不利で追えずも上がり1位)。
思わぬ高速馬場で◎をやめましたが、馬場よりもハイペースではついていけない(ポツン最後方)。
スロー(団子馬群)の方が向くタイプか。

posted by 穴馬ユウサク at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

マーチS【予想】

過去の穴馬に多いのは、
「重賞3着内実績」または「近走準OP(またはOP)1着」
「55・56キロ、58キロ」
「関西馬」
「13〜16番」

マイネルクロップ  昨年1着
○バスタータイプ
▲ドコフクカゼ
ソロル  2年前1着
△イッシンドウタイ
△クリノスターオー
△サンマルデューク

posted by 穴馬ユウサク at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高松宮記念【予想】

土曜は思っても見ない超高速馬場。日曜は?

過去の穴馬に多いのは、
「外枠」(昨年まではAコース継続、今年は今週からBコース変更)
「前走オーシャンS」
「6歳7歳」

ハクサンムーン
前走は前後半差2.1秒のハイペースを逃げ粘ったので、衰えはあまりなさそうに思う。
3年前3着、2年前出遅れ差して5着、昨年2着の好相性コース。

○ウリウリ  藤原厩舎のG1仕上げ、戸崎コンビを信頼してみる。
▲ビッグアーサー  潜在能力G1級でも重賞未勝利。
サトノルパン  高速上がりになれば、結びつくのは京都の京阪杯。
△ミッキーアイル  G1になると少し足りない?
△エイシンブルズアイ  前走本格化なのか?
▽アルビアーノ  G1で順調でない過程はどうか。(前走で筋肉痛める)

posted by 穴馬ユウサク at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

毎日杯【予想】

過去の穴馬に多いのは、
「前2走ともに1800m以上」
「1勝馬」
「前走ダート」

レインボーフラッグ  距離短縮で脚がたまれば
○スマートオーディン
▲タイセイサミット
トーアライジン  前走ダート
△ロワアブソリュー
△アーバンキッド
△ディープエクシード

posted by 穴馬ユウサク at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日経賞【予想】

過去の穴馬に多いのは、
「2400m2500m実績」
「中山実績」

ホッコーブレーヴ  昨年3着・2年前2着
○サウンズオブアース
▲ゴールドアクター
△マリアライト
△アルバート
△ディサイファ

posted by 穴馬ユウサク at 23:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

フラワーC&ファルコンS[回顧]

フラワーC

1着 ○エンジェルフェイス(1人気)
2着 ▲ゲッカコウ(2人気)
3着  ウインクルサルーテ(14人気)

勝ちタイムは、1:49.3(良)。上がり35.6。
標準的なタイムの良馬場。
1:49.3は物足りないが、フラワーCならこの程度だろう。
(スプリングS 1:48.1 上がり36.2)

12.7-11.9-12.2-12.5-12.2-12.2-11.9-11.3-12.4
前半3F36.84F49.3(5F61.5) 後半4F47.83F35.6
スローだが、上がりもそれほど速くない。

1着○エンジェルフェイスは、レディアルバローザの全妹・キャトルフィーユの半妹だから、このレース(中山1800)がピッタリという印象。
ということは、桜花賞もオークスも合わない?

2着▲ゲッカコウは、決め手不足で中山がピッタリという印象。
(母母はオークス2着チューニーだが・・・)

3着ウインクルサルーテは、中京2歳S(牡馬相手に上がり1位)と京都2歳S(牡馬相手に展開不利上がり2位)の内容は悪くなかった。
牡馬オープン相手でその内容なら、今回の実質500万下メンバーで3着あっても不思議ないが・・・
1走おきに走るタイプか?


ファルコンS

1着 ▲トウショウドラフタ(2人気)
2着 ▽ブレイブスマッシュ(3人気)
3着  シゲルノコギリザメ(9人気)

勝ちタイムは、1:25.0(不良)。上がり39.7。
極悪不良馬場。
ハイペースでこの時計だから相当悪い馬場。
(なお月曜は良発表でも重馬場に近いタイムの馬場、次週は?)

11.9-10.5-10.9-12.0-13.1-13.0-13.6
前半3F33.3 後半3F39.7
「前後半差6.4秒」!これほどの前後半差はまずお目にかかれない。

1着▲トウショウドラフタは、田辺騎手で1400m3連勝、すべてが完勝。

2着▽ブレイブスマッシュは、前2走は距離が長かったようだ。

3着シゲルノコギリザメは、上がりがかかるほどいいタイプ。
シンザン記念3着も上がり36.0という京都にしては上がりがかかる流れだった。
(その時は京都の3角前上り坂で11.5を記録するきつい逃げ)
前2走のように直線で11秒台前半加速する落ち着いたラップになると苦戦する。
そういう意味ではここは狙うべき(印つけるべき)タイミングで、個人的には今週の予想で一番悔いが残る。

4着◎マディディは、上がり2位で少し足りなかった。

1人気12着○シュウジは、ハイペース先行とはいえ負け過ぎ。
転厩が影響したのか?

4人気11着△ルグランフリソンは、中1週が影響したかも。

posted by 穴馬ユウサク at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

スプリングS&阪神大賞典[回顧]

スプリングS

1着 ▽マウントロブソン(4人気)
2着 △マイネルハニー(5人気)
3着 ○ロードクエスト(1人気)

勝ちタイムは、1:48.1(良)。上がり36.2。
9Rまでは稍重だったが、9R準OP1:33.8だから良標準のタイムの馬場(ただ全レース上がりがかかり気味)。
それで1:48.1はやや物足りない。

12.7-11.5-11.8-12.3-12.0-11.6-12.0-11.6-12.6
前半3F36.04F48.3(5F60.3) 後半4F47.83F36.2
このレースは例年ほとんど平均ペース。
今年もほぼ平均ペース。

1着▽マウントロブソンは、出していっての好位追走、ラスト1F12.6の分届いたという印象。
距離延長はいいだろうが、高速馬場で速い上がりになるとどうか?

2着△マイネルハニーは、逃げなら良馬場でもやれる。
皐月賞が道悪になるのなら追加登録料を払う価値がありそう。

3着○ロードクエストは、スタートの悪さは相変らず、それを補えるほどの末脚でもなく。

4着☆プランスシャルマンは、積極的な競馬をしたが力及ばず。

5着△ミッキーロケットは、伸び上がるようなスタートで最後方、上がり1位でも及ばず。

3人気7着▲ドレッドノータスは、先行しないとダメなのか。
過去2走は「京都スローで先行」、危険な人気馬はこの馬が正解でした。


阪神大賞典

1着 ○シュヴァルグラン(1人気)
2着 △タンタアレグリア(4人気)
3着 ▲アドマイヤデウス(3人気)

勝ちタイムは、3:05.8(良)。上がり35.6。
この日のタイムは、ほぼ良標準に近い(ただ2000m内の5Rと10Rは時計がかかっている)。
(前半のペースが遅くても上がりが速くならない馬場、特に内回り)(強風の影響もあったか?)
3:05.8は標準的だが好タイムかもしれない。
(5Rと10Rの内回りは時計がかかっているので)

13.0-11.6-12.5-12.2-12.3-12.2-12.6-13.7
-13.3-12.6-12.3-11.9-11.6-11.6-12.4
前半3F37.14F49.35F61.6 後半5F59.84F47.53F35.6
このレースは上がり4F加速が多い、今年もほぼそういう流れ。
それほどスローにならなかった。

1着○シュヴァルグランは、余裕の完勝。
問題は高速キレ勝負になった場合。

2着△タンタアレグリアは、2馬身半差完敗だが、3着には3馬身差をつけた。

3着▲アドマイヤデウスは、最内狙いで詰まった。
とはいえ2着は難しかったか。

4着☆タマモベストプレイは、長い距離の方がよさそう。

5着マイネルメダリストは、復調している。

2人気7着▽トーホウジャッカルは、仕上がり不足だと長距離ではこたえる。

5人気6着△カレンミロティックは、逃げが合わない可能性がある。

posted by 穴馬ユウサク at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

フラワーC【予想】

過去の穴馬に多いのは、
前走が「500万下負け」「未勝利1着」「ダート(芝スタート)1着」
「中山実績」「1800m実績」

アオイサンシャイン  前走+26キロ、使われてさらに上昇あれば。
○エンジェルフェイス
▲ゲッカコウ
ゴッドカリビアン  2走前のように上がりかかれば。
△ルフォール
△ラブリーアモン
△フェイズベロシティ

よくわからないメンバーなので▽印はやめておきます。
(全上位人気馬が危険といえば危険^^)

posted by 穴馬ユウサク at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

阪神大賞典【予想】

数少ない過去の穴馬に多いのは、
「重賞実績(中央場所)」「2400m以上実績」
「前走、ダイヤモンドS・日経新春杯・京都記念(で完敗)」

カムフィー  前走は実質不良馬場が大敗の原因
○シュヴァルグラン
▲アドマイヤデウス
タマモベストプレイ  先行粘込期待
△カレンミロティック
△タンタアレグリア
▽トーホウジャッカル  仕上がりどうか?

posted by 穴馬ユウサク at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

スプリングS【予想】

過去の穴馬に多いのは、
「前走先行好位」(または2走前)
「1600mか1800mで芝1着がある」(2000m実績馬ではない)

アドマイヤモラール  父・母父から距離短縮いいはず
○ロードクエスト
▲ドレッドノータス
プランスシャルマン  芙蓉Sくらい走れれば
△ミッキーロケット
△マイネルハニー
▽マウントロブソン  2000mばかり出走は気がかり

posted by 穴馬ユウサク at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

ファルコンS【予想】

過去の穴馬に多いのは、
「キャリア7戦以上」
「1600m重賞完敗」
「中山・阪神・中京実績」(非瞬発タイプ)

マディディ 2走前のように中京で上がりがかかれば。
○シュウジ
▲トウショウドラフタ
バシレウスライオン  デビュー以来初めての人気薄
△ルグランフリソン
△ペイシャフェリシタ
▽ブレイブスマッシュ  距離だけでなく早熟かも?

posted by 穴馬ユウサク at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

2016センバツ高校野球優勝校(穴)予想

(今年は検討不足で簡略的な予想とさせて頂きます)

滋賀学園
滋賀県大会3位からまさかの近畿大会準優勝。
新2年生エース神村月光(ひかり)投手に注目したい。
特にすごい球を投げるわけではないらしいが、近畿大会決勝で敗れはしたが大阪桐蔭を4安打におさえた。

○大阪桐蔭
▲東邦
△敦賀気比
△常総学院

posted by 穴馬ユウサク at 23:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 高校野球予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

フィリーズR&中山牝馬S&中日新聞杯[回顧]

フィリーズレビュー

「新馬で1人気」だった馬のワンツースリー。

1着  ソルヴェイグ(8人気)
2着 ○アットザシーサイド(1人気)
3着 ▲キャンディバローズ(2人気)

勝ちタイムは、1:22.1(良)。上がり34.9。
今週の阪神芝は標準的なタイムの良馬場(先週ほど高速でない)。
土曜古馬1000万下特別が、1:21.4。
同タイムくらいが望ましいが、前半3Fが33.8(古馬1000万下特別)と35.0(Fレビュー)のペースの違いの影響もある。

12.2-11.2-11.6-12.2-11.7-11.5-11.7
前半3F35.0 後半3F34.9
後半の方が速いのは過去10年で一度もない。
このコース(阪神1400)は、前半の方が1秒弱速いのが標準ペースだから、かなり落ち着いたペース。

1着ソルヴェイグは、新馬で1.5倍だった期待馬。
先週チューリップ賞10人気3着の穴馬ラベンダーヴァレイも新馬1.5倍だった。
新馬の人気は、その馬の素質を反映してはいる(期待を裏切る馬も多いが)。
(特に10月11月デビュー馬は期待が大きそう)
前2走は全能力を発揮できなかったのだろう(馬場?)。

2着○アットザシーサイドは、距離延長に対応できそう。

3着▲キャンディバローズは、距離以前に馬体維持が心配(406)。


中山牝馬S

1着 ▽シュンドルボン(4人気)
2着 ○ルージュバック(1人気)
3着  メイショウスザンナ(15人気)

勝ちタイムは、1:50.3(良)。上がり35.1。
標準〜ややかかり気味の良馬場。
1:50.3は超平凡。重馬場のようなタイム。
前半4F目(51.5)まで超スローだったから。

12.8-12.7-12.9-13.1-12.2-11.5-11.8-11.6-11.7
前半3F38.44F51.5(5F63.7) 後半4F46.63F35.1
横山☆アルマディヴァンが逃げ、上がり4F手前でフレイムコードが一気に先頭へ。
超スローから上がり4Fスパート。

1着▽シュンドルボンは、前走とは違い脚をためる競馬でキレた。

2着○ルージュバックは、ハンデ2キロ差を考慮すれば実質1着。
とはいえ人気ほど強くはない?

3着メイショウスザンナは、走れる条件が揃ったが、個人的にはもう7歳だからと思ってしまい・・・
重賞は「フラワーC2着・福島牝馬S3着・クイーンS1着」
走れる条件は、
・3着内全11回の内10回が「小回り・内回りコース」
・3着内全11回が「1800m以下」
・上がりが高速でない(中盤で加速が始まったのがよかった)

2人気▲アースライズは、3〜4角内で位置が下がってしまった。


中日新聞杯

1着 ○サトノノブレス(1人気)
2着  ファントムライト(9人気)
3着  レコンダイト(13人気)

勝ちタイムは、2:01.3(良)。上がり34.9。
ややかかり気味の良馬場。
それにしても 2:01.3は遅め。前後半差約3秒のスローのせいか。

12.7-11.2-12.9-12.7-12.6-12.3-12.0-11.7-11.2-12.0
前半3F36.84F49.55F62.1 後半5F59.24F46.93F34.9
スローだが、中京らしく上がりはそれほど速くならない。

1着○サトノノブレスは、58キロで強い内容(このメンバーでは)。

2着ファントムライトは、前につけたのがよかったか。
先週のチューリップ賞3着に続き2週連続「戸崎騎手・藤原厩舎」コンビの穴馬。
(このコンビには昨年の秋天でお世話になりました)

3着レコンダイトは、目黒記念2着馬の復調。
「不振が続いた馬は、休養明けこそ狙い」(リフレッシュされる)。

5着無バウンスシャッセは、前詰まり。

無印や▽印にすべきは、10着3人気△ブライトエンブレムだった。
(3歳春までの実績で人気になり過ぎ) 

土曜重賞は人気が不明なので、上位人気と思った18着▽アルバートドックは7人気。
さすが、みなさん。 


3重賞ともにレベルの面では低そう。

posted by 穴馬ユウサク at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

フィリーズレビュー【予想】

過去の穴馬に多いのは、
「前走1600m(か1400m)」
「前走、新馬未勝利でない」
「前走ダ1400m(芝スタート)1着」

カトルラポール
使われ過ぎだが、前走は500万特別普通レベルで、3着馬はフェアリーS3着馬。
どんぐりの背比べと思えるこのメンバーで、この馬でも通用するのでは?
○アットザシーサイド
▲キャンディバローズ
ソーディヴァイン  前走1400ダ1着は過去穴パターン
△ナタリーバローズ
△ダイアナヘイロー
△メイショウスイヅキ

よくわからないメンバーなので、▽印はやめておきます。

posted by 穴馬ユウサク at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

中山牝馬S【予想】

過去の穴馬に多いのは、
「前走準OP(負けていても可)」
「前走京都・東京で完敗」
「上がりがかかる流れ向き(平均ペース向き)」

ウインリバティ
このレースに向きそうで一番狙いたい馬はこの馬だが、調教師の仕上がり不安のコメントが気がかり。

○ルージュバック
▲アースライズ
アルマディヴァン
2走前は展開不利の上に前が壁。前走は距離が長かった。
△シングウィズジョイ
△ハピネスダンサー
▽シュンドルボン  大外枠がどうか(過去傾向はよくない)

posted by 穴馬ユウサク at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中日新聞杯【予想】

過去の穴馬に多いのは、
「前走小倉大賞典」
「前走2月」
「近走準OP1着」

ショウナンバッハ
4勝中3勝が左回り。前走大敗は実質不良レベルの馬場のせいか。
○サトノノブレス
▲クルーガー
ライズトゥフェイム
2走前自身上がり32.6の展開不利。3走前左回り2着。
△ヒストリカル
△ブライトエンブレム
▽アルバートドック  前走引退厩舎勝負仕上げの反動あるかも

無バウンスシャッセ  前走上がりかかるラップに恵まれる

posted by 穴馬ユウサク at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

オーシャンS[回顧]

1着 △エイシンブルズアイ(5人気)
2着 ▽ハクサンムーン(4人気)
3着  スノードラゴン(8人気)

勝ちタイムは、1:07.5(良)。上がり34.8。
標準的なタイムの良馬場。
1:07.5は標準やや速め。

11.6-10.3-10.8-11.3-11.4-12.1
前半3F32.7 後半3F34.8
ハイペース。だがこの時期としては馬場がいいので上がりも遅くない。

1着△エイシンブルズアイは、今までの1200m重賞の完敗(5着9着5着)がうそのような末脚。

2着▽ハクサンムーンは、▽印にした私の完敗。

3着スノードラゴンは、穴馬になるのがおかしな実績馬だが、1年3ヶ月ぶりでは狙いにくかった(だからこそ穴馬になるのだが・・)。

5着○アルビアーノは、前詰まり。

14着△ゴールドペガサスは、直線ずっと前が壁のまま(全く追えていない)。

16着スギノエンデバーも前詰まり(2走連続)。

posted by 穴馬ユウサク at 09:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

弥生賞&チューリップ賞[回顧]

弥生賞

1着 ▲マカヒキ(2人気)
2着 ○リオンディーズ(1人気)
3着 △エアスピネル(3人気)

勝ちタイムは、1:59.9(良)。上がり35.1。
標準的なタイムの良馬場。
1:59.9は好タイム。
さらにラスト1F11.3(余力あり)だから優秀と評価していいだろう。

12.5-10.5-11.3-12.2-13.0-12.8-12.5-12.5-11.3-11.3
前半3F34.34F46.55F59.5 後半5F60.44F47.63F35.1
前半3Fは速いが、中盤緩み、上がり2Fは11.3-11.3。
前半3Fは隊列が長く、前2頭が引き離していた。
実質は(有力馬にとっては)、スロー寄りの平均ペース。

<3強の前後半3F>
マカヒキ 37.1-33.6
リオンディーズ 35.3-34.4
エアスピネル 35.8-34.4
(前半3Fの数値は、競馬ブックスマートサイトからの引用)

1着▲マカヒキは、今までと同じくスロー差し(前半3F37.1)。
きびしいペースでもキレるかどうかは、まだわからない。

2着○リオンディーズは、今までより前半の負荷がかかる競馬をした(前半3F35.3)。
これがG1のきびしい流れに向けて生きるか。



チューリップ賞

1着 ▲シンハライト(2人気)
2着 ○ジュエラー(1人気)
3着  ラベンダーヴァレイ(10人気)

勝ちタイムは、1:32.8(良)。上がり33.9。
阪神としては高速の芝。
それにしても高速水準よりは速いだろう好タイム。

12.2-11.0-11.4-12.2-12.1-11.2-11.1-11.6
前半3F34.64F46.8 後半4F46.03F33.9
前半速めで、後半はさらに速い。高速馬場ラップ。

1着▲シンハライトと2着○ジュエラーは道中からずっと併走で、結果的にマッチレースのようになった。
両馬ともに速いタイムで走った反動が心配。

3着ラベンダーヴァレイは、新馬1.5倍だった期待馬。
マウントシャスタ・カミノタサハラ・ベルキャニオンの全妹。
前走馬体減後の休養が良かったのだろう。

6着カイザーバルは、前詰まり(もっと上の着順あった)。

8着▽レッドアヴァンセは、▽印の不安が的中してしまった。
−14キロで桜までに立て直し可能だろうか?

今回の結果を見ると、阪神JFの2着以下馬のレベルは低かったのかもしれない。
(ただ、阪神JF時の馬場は重めで、今回と全く違う馬場)

posted by 穴馬ユウサク at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

弥生賞【予想】

過去の穴馬に多いのは、
「中山実績、札幌実績」
「1800m〜1600m実績」
「好位〜中位」
「内枠」

タイセイサミット
朝日杯は不利なければ3着あったという内容。東スポ杯も不利あり。
(とはいえ、他に穴で狙いたい馬なく、仕方のない◎)

○リオンディーズ
▲マカヒキ
△エアスピネル

posted by 穴馬ユウサク at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする