2016年07月23日

函館2歳S【予想】(+簡易回顧)

過去の穴馬に多いのは、
「牝馬」
「前走函館1200m」
「前走3角2〜4番手」(上がり1位ならなおいい)
「中3週〜中1週」

メローブリーズ  上記4条件全て満たす

○モンドキャンノ
▲レヴァンテライオン
ラーナアズーラ  上記4条件全て満たす
△ドゥモワゼル
△ロイヤルメジャー
△ガーシュウィン


追記回顧

このレースは、過去穴傾向へのあてはめで自動的に穴馬を的中しやすいので好きな重賞なのですが、◎は4着。3着によけいな馬(前走福島)が入り込みました。

3着無タイムトリップは、洋芝が向いているということか。
それと、前走は前後半差2.1秒というハイラップを逃げきっている。緩いラップを逃げ切ったわけではなく、価値ある逃げ切りだった。

posted by 穴馬ユウサク at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中京記念【予想】(+簡易回顧)

1600mとなっての過去4年、1人気2人気の3着内はゼロ。
過去の穴馬に多いのは、
「重ハンデ(57キロ58キロ)」
「阪神や中山での重賞実績」
「前走、東京や阪神外回り」
「じりっぽいタイプ」

ダローネガ
昨年の3着内馬3頭が出走しているが、その中から昨年3着馬に◎。
5走前〜2走前は、決め手不足で少差負けている。
こういう決め手不足の馬が穴になるのが中京記念。

○ピークトラム
▲ダッシングブレイズ
スマートオリオン  昨年1着
△ケントオー
△ダノンリバティ
△トウショウドラフタ


追記回顧

今年も1人気2人気は3着内に入れませんでした。

1人気10着▲ダッシングブレイズは、3連勝したのが昨年の9月〜12月で、今年は2月4月5月と使い詰め。状態面が第一の敗因か。
それに、この馬、6月〜8月の夏に出走したことがなく夏実績がなかった。

1着無ガリバルディは、半弟マルカシェンクと同じく、末脚を生かす競馬が合っているのか。過去15戦中13戦が1人気2人気という期待馬が今回7人気という人気落ちで、今回こそ狙うべきタイミングでしたか・・・

2着○ピークトラムは、過去4年1人気2人気の3着内はゼロということで、この馬を○に抜擢、これだけはうまくいきましたが・・・。チチカステナンゴ産駒は中京好成績なのが○にした理由。

◎は14着に大敗してしまい、相変らず、予想の調子はサッパリ。


posted by 穴馬ユウサク at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする