2016年07月30日

アイビスSD【予想】(+簡易回顧)

過去の穴馬に多いのは、
「前走1200m」
「中1週〜3週」
「6歳以下」
「ダート実績」「ダート向き血統」
「外枠」

サトノデプロマット
・ダート実績があり、千直が向く可能性がある。
・準OP芝を勝った時の2着がネロだった。
○ベルカント
▲ネロ
マイネルエテルネル  千直が向くかも?
△プリンセスムーン
△アットウィル
△アースソニック


追記回顧
ほぼ人気順の入線となり、無謀な穴狙いは慎むべきレースでした。

posted by 穴馬ユウサク at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クイーンS【予想】(+簡易回顧)

過去の穴馬に多いのは、
「差し馬」(逃げ先行は人気馬)
「小回り・内回り実績」(特に中山・福島)
「札幌函館実績」
「福島牝馬S出走」

マコトブリジャール
前走と同じく、3ヶ月ぶり。久々の方がいいのだろう。
前走はスローな流れに恵まれたが、今回も不利な流れにはなりにくそう?
○シャルール
▲リラヴァティ
メイショウスザンナ  昨年1着
△ウインプリメーラ
△ロッテンマイヤー
△ナムラアン


追記回顧

1着◎マコトブリジャールは、前走重賞1着馬なのに9人気とは人気なさ過ぎでした。
前走と同様、3ヶ月ぶり・スローな流れ。

3着無ダンツキャンサーは、1400ベストの先行馬と思っていたので狙えませんでした。
しかし、札幌の成績をよく見直してみると、
3戦して1勝、残る2戦は上がり1位だった。上がり1位とは程遠いイメージのこの馬が札幌で上がり1位を2度記録しているということは、札幌が合うということなのだろう(札幌だと差す競馬ができる)。
その内の1戦は2000mで、距離は大丈夫とみることはできた。
北海道重賞の穴馬は、北海道での競馬を精査すべきとあらためて感じた。

posted by 穴馬ユウサク at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする