2010年03月15日

フィリーズレビュー[回顧]

1着から5着まで同タイムの大接戦。

1着  サウンドバリアー(9人気)
2着 ○ラナンキュラス(1人気)
3着 ▲レディアルバローザ(5人気)

勝ちタイムは、1:22.8(良)。上がり35.7。

今週の阪神芝は、時計がかかり気味。
やや重に近い時計レベルで、重めの馬場。
土曜の古馬準OPが、1:22.2。
だから、1:22.8は、3歳重賞として標準レベルでしょう。
昨年より0.4秒遅いが、今年はペースが落ち着いたこともある。

昨年は、桜花賞の頃、外差し有利馬場になっていましたが、
今週は、外差し有利になってきたか。

12.2-11.0-11.8-12.1-11.8-12.0-11.9
前半3F35.0 後半3F35.7
1400mとしてはスローとも言える落ち着いた平均ペース。

1着は、サウンドバリアー。
スタートはいい方なのに前半のスピード不足か後方になる。
2走前の未勝利1着の時のような見事な末脚。
前走は、それで3番人気に支持されましたが、今回9番人気。
今回は、お買い得でした(反省)。
(前走は展開不向きにしても平凡に感じましたが・・)
先週のチューリップ賞を除外された馬だから、
桜花賞の距離の方がいいだろうし、桜の馬券圏内の1頭か。
(さらに外差し向きの馬場になれば可能性高まる)

2着は、○ラナンキュラス。
押して押して好位を確保し、直線はハナ差競り負ける。
スタートから最後まで、じりじりとした脚に思える。
昨年の重賞2走でも感じた物足りなさ。
桜花賞でもじりじりとした内容になりそうに思えますが・・・
それともG1でついに開花か?

3着は、▲レディアルバローザ。
3番手追走から直線内伸びる。
内有利馬場なら勝っていたか。
1400mではトップレベル。
さて、1600mではどうでしょうか?

4着同着△ロジフェローズは、上がり1位。
出遅れが痛い。ほぼ最後方から差してくる。

4着同着◎ニシノモレッタ。
好位追走から徐々に中位へ位置が下がっていった。
もう少し前の位置を想定していましたが、
馬券を買っていた私としては、直線力が入る内容でした。
なんとか3着に入って欲しかったですが・・

3番人気△テイラーバートンは、13着。
好位追走で、4角までは絶好と思えましたが。
直線前がふさがり追えず。
追わなかったので、大敗は仕方なし。
ただ、このローテも問題ありだったか。
わざわざ2度も関東へ輸送し、権利とれず。そして今回も。
毎年、こういう権利とりそこねが続く馬がいます。

2番人気△ラブミーチャンは、12着。
夢は実現しませんでした。
このペースで逃げて大敗では・・・



相互リンク先「中山4角先頭」様が、また当てておられます。
◎○注の順は、お見事!


posted by 穴馬ユウサク at 01:22| Comment(2) | TrackBack(1) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも記事にして頂きありがとうござ
います。

ユウサクさんも先々週はオーシャンS、
チューリップ賞がダブル的中と大爆発
でしたね。

遅くなりましたが、おめでとうござい
ました!

GTシリーズも近づいてきていますし、
今のうちに資金調達といきたいですね!
Posted by 北斗の万券 at 2010年03月15日 23:27
>北斗の万券さん

よほどの的中でない限り、当分紹介するのは控えようと思ってましたが、
またまた、よほどの的中で(^^)
いつも感心させられます。

GTシリーズ当てたいですね。
調子を上げていきたいです。
Posted by 穴馬ユウサク@管理人 at 2010年03月16日 00:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

第44回 フィリーズレビュー 結果 【サウンドバリアーが勝利 ラブミーチャンは馬群に沈む】
Excerpt: 2010/03/14(日) 1回 阪神 6日目 11R 第44回 フィリーズレビュー(G2) 3歳 ○国際牝○指(馬齢) 芝1400m 16頭 発走:15:35 本賞金:5200、2100、1..
Weblog: 競馬予想ブログ 複勝馬券生活
Tracked: 2010-03-15 14:59
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。