2010年05月24日

オークス[回顧]〜アパパネとサンテミリオン同着の叩き合い〜

アパパネとサンテミリオン、2頭のすごい叩き合いでした。
JRAのG1史上初の1着同着という結末。

キングカメハメハ産駒とゼンノロブロイ産駒の叩き合いであり、
蛯名騎手と横山騎手の叩き合いでもありました。
素晴らしい。

1着 ▲アパパネ(1人気)
1着 △サンテミリオン(5人気)
3着  アグネスワルツ(8人気)

勝ちタイムは、2:29.9(雨・稍重)。上がり35.9。

まず「土曜日」の馬場について。(次週もあるので)
先週までの異常な高速馬場でなく、やや速め程度のタイムだった。
JRAのHPによると、
先週までの洋芝約10〜14cmが、今週は洋芝約12〜16cmに変わった。
芝が2センチ長くなったのが影響したのか?
タイムが普通に近づくと、差しも普通に決まるようになった印象。
次週もこの馬場ならダービーは純粋な能力勝負になりそう。
しかし、次週はCコース移行、また馬場傾向は変わるのでしょうか?

さて、日曜日は雨。
雨が降っている状態での稍重なので、前後のレースも時計が
かかっている。
実質は、重馬場レベルか、それ以上に悪化していたかも。
だから、タイムが平凡なのは仕方ないでしょう。

12.2-10.9-12.3-12.4-12.8-13.1-13.3-13.5-13.5-12.0-11.5-12.4

2頭が引き離して逃げている。
前半のラップは、その2頭のもので、この馬場では速め。
しかし、実質のペースを支配していた3番手以降は、
いつものオークスペース(スロー)でしょう。
2年前稍重でトールポピーの自身上がりが35.3。
今年のサンテミリオンの自身上がりも35.3。

1着は、▲アパパネ。
距離は問題なかった。
いつもながらオークスでは血統面の距離適性はあまり関係ない。
同じく距離不安があったウメノファイバー(99年)を勝たせた時の
ように、やや後方で脚をためての差し切りを狙った蛯名騎手。
スタート後に見せる危うさも、道中の中盤では折り合っている。
そして、2歳時のレースぶりから進化している。
2歳時は、一瞬のキレで引き離したが、
桜花賞・オークスと、いい脚を長く使うようになった。

同じく1着は、△サンテミリオン。
こちらは、個人的には過小評価していました。
フローラSの勝ちタイムは、フローラSにしては優秀でしたが、
桜花賞のメンバー相手だとどうかと思ってました。
オークスに的を絞ったローテーション、お見事でした。

3着は、アグネスワルツ。
穴馬は、この馬でしたか。
「距離延長がプラスだとはあまり思えなかった馬」
が、穴馬になりやすいオークス。
伯父ディヴァインライト・伯母カッティングエッジの良牝系。
芝では今まで逃げばかりだった馬。
今回は2番手で、ペースがやや速かった。
それで、この粘り。
この馬も強い。というかスピードはこの世代屈指。
桜花賞に出走できていれば、アパパネと接戦していたに違いない。

4着に☆アニメイトバイオ。
大いに狙い目だと☆印にしましたが、馬券圏内突入ならず。
後方からよく差してきました。
+14キロと馬体回復すれば、これくらい走れるということか。

5着△オウケンサクラは今回は控える策。
前に行くなという陣営の指示があったのか?
それとも安藤勝己の頭脳による判断なのか?
(コメントによると内が悪いからという判断のよう)
道中は2強と同位置。
直線はあまり伸びず。

6着△アプリコットフィズは、スタート後は後方だったが、
インから好位に進出。
直線も内を突くも伸び一息。
この程度の馬なのか?
それとも、桜花賞時に減った馬体からさらに−4キロの影響か?
それに、この馬場では内枠が災いしたか。

7着ブルーミングアレーは、審議対象の不利を受けた。
それがなければ、もう少し上の着順だった。

以下は、大きく離された。
2番人気○ショウリュウムーンは、なんと17着。
3番手でも前2頭とは離れていて、いいペースだったはず。
桜花賞前の2週の調教タイムに比べ、今回の2週のタイムは軽め
というのが気になりましたが、−8キロ。
状態面が敗因か?

◎としたエーシンリターンズは、14着。
馬体重+4キロ。よし、掲示板は堅いとレース前思った。
そして、私が希望したとおりの好位追走。
4角までは、3着以内はある、と思ったのですが・・・
今までの堅実さが嘘のような大敗。


posted by 穴馬ユウサク at 01:56| Comment(2) | TrackBack(3) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
二週続けて残念な結果に終わってしまいました。
福永騎手によると左回りは苦手かも、とのこと。
それにしてもこの大敗は予想外でした。
血統からはあまり考えられませんでしたが、意外とマイラーなのかもしれませんね。

それにしても真っ先に切ってしまった8枠2頭がワンツーとは・・・あまりのダメ予想にレース後も呆然でした。

うーん、これからは逆予想屋としてみなさんの消し馬助けに精進しようかな^^
Posted by 馬さか at 2010年05月24日 21:54
>馬さかさん

残念な結果で、まさかの大敗でした。
今までが堅実な成績だっただけに不思議な大敗です。
左回り・距離、がダメだったんですかね。
それにしても負け過ぎで、よくわかりません。

次週こそ、当てましょう。
でも、強力馬同士の叩き合いになったら、穴党の出番は・・・
Posted by 穴馬ユウサク@管理人 at 2010年05月24日 23:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

第71回 オークス(優駿牝馬) 結果 【史上初のG1同着!アパパネとサンテミリオン】
Excerpt: 2010/05/23(日) 3回 東京 2日目 11R 第71回 オークス(優駿牝馬) (G1) 3歳 ○国際牝○指(定量) 芝2400m 18頭 発走:15:40 本賞金:9700、39..
Weblog: 競馬予想ブログ 複勝馬券生活
Tracked: 2010-05-24 07:51

オークス馬2頭も誕生!アパパネ&サンテミリオンがGI史上初の同着優勝!
Excerpt: 2010年の牝馬3冠シリーズの第2戦・第71回オークス(優駿牝馬)が23日、東京競馬場で行われました。3歳牝馬にとっては過酷な2400mの長丁場に18頭が集結した今年のオークスは、桜花賞との牝..
Weblog: 日刊魔胃蹴
Tracked: 2010-05-24 14:48

強い女には雨も枠順も距離も関係なし!! 樫の舞台の中央に立った2頭の女王!!【第71回優駿牝馬結果】
Excerpt: 牝馬クラシックレース第2弾、競馬の第71回優駿牝馬(オークス)が23日、東京競馬場芝2,400mで行われ、1番人気に支持されたアパパネと5番人気だったサンテミリオンが最後の直線で互いに譲ら..
Weblog: 不定期更新のスポーツニュース201X (ちょっと時事ネタも)
Tracked: 2010-05-24 23:38
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。