2010年12月27日

有馬記念[回顧]〜ヴィクトワールピサ2センチ差の勝利〜

ヴィクトワールピサが、ハナ差でブエナビスタに勝利。
その差は約2センチだったらしい。

今年の有馬記念のポイントは、
「逃げ馬不在(展開)」と「ブエナ対3歳馬(高レベル)」
だと思っていました。
終わってみても、その2つがポイントだったと思います。

1着 △ヴィクトワールピサ(2人気)
2着 ○ブエナビスタ(1人気)
3着 ◎トゥザグローリー(14人気)

勝ちタイムは、2:32.6。上がり34.6。

今週の中山芝は、標準的な良馬場。
7RホープフルSは、2年前のトーセンジョーダンと同タイムで
好タイム。
有馬記念の2:32.6は、平凡。
これは、スローだったから。
2001年の2:33.1、上がり34.6の時と似ているか。
(1着マンハッタンカフェ、2着アメリカンボス、3着トゥザヴィクトリー)

6.9-11.4-12.0-12.3-12.7-13.4-13.5
-12.3-11.5-12.0-11.7-11.1-11.8
逃げたのはトーセンジョーダン、2番手はなんとオウケンブルースリ。
1300m通過が82.2。
昨年は77.1のハイペース、今年はスローで全く違う流れ。
2001年の82.6に次ぐスロー。
その2001年は、「スローからの上がり5F勝負」となったが、
今年も残り5Fから11.5と急加速。
上がり5F勝負の似た流れとなった。
残り5Fからレースが動いても、
前半があまりにも楽なので、先行優位のまま。

「逃げ馬不在」でスローになるとしたら、どんな流れになるのか、
を考えた時に参考になったのが、2001年のラップ。
それで、「スローからの上がり5F勝負か?」と予想したのです。
たまたま、展開予想は的中しました。

前2年こそ3角二ケタ順位の追込馬が穴馬となっていますが、
過去20年の有馬記念の穴馬は先行馬の方が多い。
展開次第の中山ですが、根本は先行有利。

1着は、△ヴィクトワールピサ。
4番手くらいの追走だったが、デムーロ騎手向正面で一気に進出し、
いったん先頭に立つ大胆騎乗。
これがいいのか悪いのかわからないが、
結果的に向正面で前に行った分、ハナ差勝利できたか。
これで、6勝すべてが「右回り・内回り」。

2着は、○ブエナビスタ。
後方の追走となる。
自身上がり33.8は、1頭だけ抜けた末脚。
「もう少し前の位置なら」とか「もう少しペースが速ければ」
というのが皆さんの感想でしょう。
しかし、
「内回りとローカルの重賞」では、これで5戦全敗。
「0勝で2着4回と2位入線降着3着」となった。
5戦全敗の相手は、すべて違う馬。
すべてレース後「・・・だったら」という惜しい負け方ばかり。
偶然たまたま負け続けているのでしょうか?
直線が短いコースが苦手というのは、はっきりしている。

3着は ◎トゥザグローリー。
層の厚い3歳牡馬。
スローの3番手追走で、これ以上ない絶好の位置。
展開には恵まれたが、直後を追走していたペルーサに先着した
のは見事。
デビュー2ヶ月半でダービーに出走し、
ラスト100mまでがんばっていた馬。
その後、折り合い難で凡走したりしていたが、
折り合いさえつけば中長距離向きだと思います。
◎にした一番の理由は、前走内容の優秀さ。
ローカル重賞の回顧を真面目にやっていて良かったです。
私だけが前走優秀と言っているのではなく、
指数派の高柳誠二氏や山崎エリカ氏が◎にしておられたのは
心強かったです。

4着ペルーサは、出遅れる方に賭けて無印にしましたが、
スタート良く好位追走。
その代わり、前2走のようなすごい末脚は使えず。

7着▲エイシンフラッシュは、出遅れた。
上がりは2位。
[追記]
騎手コメントによると出遅れて内に入れる作戦だったとか。
作戦だとしたら不可解な作戦。

13着ドリームジャーニーも出遅れたが、
こちらは能力を発揮できる状態にはなさそうか。



今年も終わりました。
来年はもっと穴馬の的中を増やさなければいけません。
今年は(も)あまり当たらなかったので、
ブログ継続の意思は弱くなりかけていましたが、
有馬記念の穴馬的中で、来年もがんばろうという気になりました。


posted by 穴馬ユウサク at 01:49| Comment(2) | TrackBack(3) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
単勝14番人気トゥザグローリーを本命!

見事に期待値の一番高い馬を本命にされましたね〜 複勝が1260円も付き、3連複も万馬券に届きました。

それにしても前走余力のある勝ち方をしたトゥザが超人気薄とは、これだから穴党は辞められませんね(笑)
Posted by 競馬予想検証 at 2010年12月29日 15:45
>競馬予想検証さん

トゥザグローリー、本当に人気なさ過ぎでしたね。
そちらの指数でも6位の高評価だったんですね。
人気なさ過ぎということがレースの結果で証明される。
うれしいですね。
穴党やっててよかった、と感じる瞬間です^^

でも私の場合、こういう的中はたまにしかありません。
来年は、もっと穴馬を当てたいです。
Posted by 穴馬ユウサク@管理人 at 2010年12月29日 23:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ヴィクトワールピサが大激戦の有馬記念を制す!ブエナビスタは2年連続の2着…。
Excerpt: 2010年の中央競馬のラストを飾る大一番・第55回有馬記念(GI・芝2500m 15頭立て)が26日、中山競馬場で行われました。オグリキャップの伝説的ラストランから20年が経った今年は、ジャパ..
Weblog: 日刊魔胃蹴
Tracked: 2010-12-27 11:49

「12・26の激闘」再び!! 歴史は繰り返され、娘も敗れ去った2010ラストステージ!! 【競馬 第55回有馬記念結果】 
Excerpt:   2010年中央競馬の最後を飾る第55回有馬記念が26日、中山競馬場芝2,500mで行われ、今年の皐月賞馬でこのレース2番人気に支持されたヴィクトワールピサが制し2つ目のGTタイトルを獲得した。一方..
Weblog: 不定期更新のスポーツニュース201X (ちょっと時事ネタも) 
Tracked: 2010-12-27 23:25

無料競馬予想12/26の指数結果
Excerpt: 無料競馬予想・ソフト予想 12月26日の成績結果2010年の最終日…能力表をご利用頂いている方に、美味しい配当(万馬券)をプレゼントして終える事ができました。生活馬券会 ...
Weblog: 無料競馬予想ソフトで個人予想
Tracked: 2010-12-29 15:51
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。