2006年09月26日

凱旋門賞でディープインパクトが世界を驚かす、のか?

いよいよ、「その瞬間」が近づいてきました。
ワクワク、そわそわ、妙な気持ちの高ぶり。
日本馬が凱旋門賞を勝つ、その瞬間をこの目で見ることができる。
NHK「総合」での生中継、ありがたい。
(BSは見れないのです)(「つま恋」見たかった・・・)

日本の競馬ファンの今の心理は次の2つに分かれている?
[A]冷静に考えても勝つ可能性は世界3強の中で一番だ
[B]ハーツクライが負けたし世界の壁は厚く2着か3着だろう

私はもちろん[A]派です。
(結局、願望が強いだけでしょうが)
[B]派の人もけっこういるのでしょう(半数くらい?)。

今年の春の天皇賞。
2400通過タイムは 2.28.6 (3200としてはそんなにスローではない)
そこから、使った末脚がなんと「上がり4F 44.8」!
この上がり4Fは驚異の数字です。

世界中を探したって、
ディープインパクト以上に走る馬が存在するとは思えません。
興奮が伝わる、天皇賞当日に更新された「武豊日記」での
武豊騎手のこのお言葉。

武豊騎手の言葉通り、長距離で「上がり4F 44.8」を使える馬は
世界中も探しても存在しないと思います。
楽勝もありえるのでは、と思ってしまうのは期待しすぎ?

もちろん不安材料もあります。
次の3つでしょうか。
[敵地][3ヶ月ぶり][道悪]
こういったことは、能力が5分のときに問題になるのであって、
ディープインパクトは能力の差ではねのける!と強引な論理。

なんだか、ディープインパクト賛歌になってしまいましたが、
これだけ力が入るのも、凱旋門賞で日本馬が勝つのを見れるのは、
大げさではなく、一生に一度あるかないかのことだから。

偉大なる種牡馬サンデーサイレンスの最高傑作。
これからの10年20年でも最大最後の?日本馬凱旋門賞制覇の
チャンスだと思います。

がんばれ!ディープインパクト!!

(穴馬なんか来るな!)(いつもの当ブログとは違う・・・)



-----------------------------------------------------
凱旋門賞は一度ロンシャン競馬場で観戦したことがあります。
97年のサクラローレルが出走予定だったレース。
日本を3週間前に旅立ち(主目的は欧州貧乏旅行)、2週間前に
日本からの旅行者から出走取りやめたことを知らされることに。

馬券は出馬表でデットーリの文字が読めたので、
デットーリ騎手騎乗馬の単勝を購入。
ゴールの瞬間、場内アナウンサーが
「オリビエ!オリビエ!」と連呼。
??オリビエって、オリビエ・ぺリエ騎手のこと??
私は、レーシングプログラムのフランス語の「ぺリエ」が
読めなかったのです→「Olivier Peslier」
ゴール後になって、ぺリエ騎手がいたことを知ったのでした。
ぺリエ騎乗パントルセレブルがコースレコード2.24:60で圧勝。
(この年はずっと晴天が続いていました)

ロンシャン競馬場の雰囲気は日本とは違って、紳士淑女の世界。
(パドックでは貴婦人に見とれていました)
レース直後もほとんどの人が馬券を的中したのかと思えるほど
おだやかで、祝福の拍手を贈り続ける人々。

今回の凱旋門賞を現地に見に行ける人は幸せ者です。
ウラヤマシイ!

(見に行く人はジャケット着用がいいですよ)
(Gパン等のラフな格好の東洋人が大量に押し寄せると
ヒンシュクをかうかも)
(私は3週間ほぼ毎日はきつづけたGパンでしたが。。。)

posted by 穴馬ユウサク at 00:39| Comment(2) | TrackBack(2) | 凱旋門賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分もA派です!
5馬身は離してくれるとおもってます。

へぇロンシャン行ったことあるんですねー
いいなー
雰囲気が違うのでしょうね。
わかりました、Gパンはやめておきます。
って行く予定ないけど。
さー楽しみだ〜
Posted by うまてい at 2006年09月29日 22:09
>うまていさん

5馬身ですか、そんな完勝がぜひ見てみたい!

今年のロンシャン競馬場へ行ける人は
一生の思い出になりそう。

さぁー、あと48時間後です。
Posted by 穴馬調査士 at 2006年09月30日 00:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24431926

この記事へのトラックバック

いよいよ凱旋門賞,
Excerpt: ディープインパクトが凱旋門賞を勝てるかどうか?血統的に過去の凱旋門賞をみると、圧倒的に強いのが父ノーザンダンサー系。特に日本ではスピード負けする産駆の多いサドラーズウェルズの系統が強いのが特徴です。
Weblog: ミシエロの3年前は忘れた
Tracked: 2006-09-26 23:23

【凱旋門賞特集】ディープインパクトの衝撃波
Excerpt: あと数日後には凱旋門賞が発走・・・ 緊張してきましたねぇ(ドキドキ 果たしてディープインパクトは勝つのか? ハリケーンランやシロッコは レース映像を見る限りではかなり高いレベルにあるようだ。 ..
Weblog: 馬語録BLOG
Tracked: 2006-09-29 00:26