2013年08月22日

高校野球 回顧 2013夏

私の◎が決勝まで進んだのは、2008年センバツの聖望学園(準優勝)
以来でした。
他に印をつけた高校はすべてベスト8までに消えました。

<結果>
優勝 ◎前橋育英(群馬) 
準優勝 延岡学園(宮崎)
ベスト4 日大山形(山形)
ベスト4 花巻東(岩手)

安定感随一と思われた浦和学院の小島投手が大乱調で初戦敗退。
西東京大会で圧倒的強さを発揮していた日大三が初戦大敗。
波乱スタートとなった大会は、その後も強豪校が敗退を続け、
まさかのベスト4となりました。

そのなかで優勝したのが、◎とした前橋育英。
初出場を強調されていますが、2年前のセンバツに現監督で出場していて、
実質は2回目の甲子園出場で、初出場の不利はないと思ってました。
県大会では失策1で、守備が堅そうと思ってましたが、
実際は想像以上の守備力でした。
送りバント阻止や併殺網など、積極的にアウトを取りにいく
「攻めの守り」「攻撃的守備」が見事でした。
期待した高橋光成投手は、1回戦で9者連続奪三振。
決勝戦はさすがに疲労で7割くらいの能力発揮だったのではないでしょうか。
来年が楽しみな2年生です。
準々決勝の常総学院戦は奇跡的な勝利でした。
常総・飯田投手が素晴らしく、9回2点差は追いつけないと思ってました。
ところが、飯田投手の足がつり降板。
それでも2死無走者となりセカンドゴロ万事休すと思った瞬間、
すこしバウンドが変わり(記録はエラー)、そこから追いつき
逆転勝ちしました。

今年は、多くの試合が紙一重の差で決まった気がします。
大混戦でした。

今年は、準々決勝が4試合で翌日が休養日。
これは、よかったです。
準々決勝を2日に分けると2日目のチームは3連投になってしまう。
準決勝や決勝が意外な大量得点になるケースが過去ありましたが、
今年はそういうことなく接戦になりよかったです。

前橋育英・高橋投手
済美・安楽投手
浦和学院・小島投手
明徳義塾・岸投手
横浜・伊藤投手
これらの投手は、みんな2年生。
来年はすごい大会になりそうで、今から楽しみです。

posted by 穴馬ユウサク at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 高校野球予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも拝見させて頂いています
今年の甲子園は強い相手に勝っても次には負けてしまって
どこが強いのか解らず状態でした
浦和学院に勝った仙台育英は常総学院に負け
常総学院はまさかの負けでベスト8
日大山形は日大三にも作新学院にも勝つもベスト4止まり
作新学院は一人の打者にガッチャマンとか他の曲を複数演奏していて
音楽を楽しんでいる感しましたから
また出て来たら楽しみです
延岡学園は同じ曲を連発していまして
聞き飽きてしまいがちでしたが(汗)
大阪桐蔭に勝った明徳はもしかして優勝かと思いましたが
ベスト8止まりでした
前橋育英は横浜やら常総学院の強豪を倒しての優勝ですから
どこが相手でも強かったかと思います
決勝戦は監督の二男でキャプテンで四番サードを注目していましたが
一塁悪送球で2点与えてしまい
一応決勝打を打ったのですが
ランナー居ても四番だから
バントさせずらいでしょうからバントさせず
強攻でランナー入れ替えで一塁残るも
盗塁失敗と攻めがちぐはぐで
戦いづらそうでしたから
よく優勝出来たなあとは思いました
何より投手が優秀でしたし
横浜戦でホームラン打って強力打線で強いなと思いましたから
一点差が多かった印象は皆無でした
千葉の木更津総合は今年は小粒なチームでしたから致し方なしですが
打てない守れないでの
ぼろ負けには千葉代表の弱さを
お見事に全国にさらけ出してしまいました(汗)
二年生の千葉投手は打たれても試合に勝つイメージで千葉大会では背番号10でしたが
千葉大会準決勝で延長14回196球完投と
決勝戦も完投で
千葉大会で肩を使い切ってしまって
甲子園では期待出来ない状態になってしまったのには綾がありますね
甲子園で期待出来る高校出場なのか
甲子園出場迄の地方大会での活躍なのかですが
甲子園出場は中々出来ず大変ですから
地方大会を無理して甲子園出場したいのは解りますが
二番手三番手のピッチャーでも戦えるのならまだしも
エース不在ですと
木更津総合は別チームみたいになってしまいましたのが残念でした
常総学院は最後の運でしたかね
今年はもう負けたなあと思い
観ませんと逆転しましたで
最後迄しっかり観るのも大事かと思いました
ではでは今週もユウサクさん予想楽しみにしています
Posted by 競馬歴六年半 at 2013年08月28日 16:34
>競馬歴六年半さん

今年は本当に力の差を感じなかったです。
木更津総合の千葉投手は地方大会で力を使い果たしたんですね。
いかに余力を残して甲子園に出場できるかが大事ですね。
来年の予想にも生かしたいです。
Posted by 穴馬ユウサク@管理人 at 2013年08月28日 23:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。