2014年04月03日

高校野球回顧(2014春)

38回目出場の龍谷大平安がセンバツ初優勝。

<結果>
優勝 龍谷大平安(京都) 
準優勝 履正社(大阪)
ベスト4 ◎佐野日大(栃木)
ベスト4 豊川(愛知)

優勝の龍谷大平安は、
「打力」「走力」「継投力」が素晴らしかった。
優勝候補の一角なのに無印にした理由は、
昨秋の大会ですべての試合を継投で乗り切っていて、
軸になる完投投手がいないのが不安に感じたからです。
しかし、軸になる完投投手がいないのが逆にいい方に出ました。
継投慣れしていて、他校が勝ち進むにつれて投手がバテていった
のに対し、龍谷大平安は最後まで投手が力を発揮しました。
そして、打力に加え、18盗塁の走力はお見事でした。

準優勝の履正社は、
溝田投手と永谷投手の2枚看板が強力でした。
溝田投手は好調ではなかったようだし、永谷投手はヒジを痛めて
いたらしいです。夏はもっと強力な2枚看板になるかも。
攻撃の方は、打力があるのだから、バントにこだわり過ぎ、とも
思うのですが・・・、それが履正社でもあります。

◎とした佐野日大は、
最後は田嶋投手が力尽きました。
昨秋に左足首を痛めて、本格的な投球を始めたのは大会直前との
ことだったから、よく投げた方でしょう。
夏に期待したいです。

豊川は、今大会で最も印象に残ったチームです(穴ならここでした)。
昨秋全国2位1位の日本文理・沖縄尚学を撃破してのベスト4は
お見事で、こんな強いチームだったのかと驚きました。
田中投手は好投手だし、打線も強力だった。
準決勝で2−6から8回裏に一挙5点を奪い逆転したのはびっくり。
でも控え投手がインフルエンザで抜け、最後は捕手が高校に入ってから
初めて投手として投げるという事態になり敗れました。
愛知県なので強豪多いですが、夏もぜひ甲子園に来て欲しいです。

今年は混戦で、延長戦が多く、好試合が多かった。
打力優位を感じる大会でしたが、そのわりに本塁打の数は多くなく、
大味な試合が少なくよかったです。

さて夏は、春見れなかった安楽投手(済美)や高橋投手(前橋育英)
は、出てこれるのでしょうか。
春の出場校もまた夏見たいし、予選段階から夏が楽しみです。

posted by 穴馬ユウサク at 23:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 高校野球予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも拝見させて頂いています

春選抜終わりましたね
これまた皐月賞ダービーではありませんが
夏本番への顔見せな感は少ししまして
春選抜出場校は地方から注目したくなりますと同時に
夏も出場しましたら
春で観ました親近感あるかもです

他校が勝ち進むにつれて投手がバテていったのには合点です
春は投手といいますが
大会終わり迄
ナイスピッチングを出来ればでした

佐野日大のレフティーは横からも投げ出しちゃいましたからね

先月わたくしは42900円負けまして
年間プラスは15000円ちょっとでして(汗)
複勝一点100円戦線しますかなとか考えてしまいます

桜花賞はハープスター単勝に幾らか賭けてみたいかもです

ではでは今週もユウサクさん予想楽しみにしています
Posted by 競馬歴七年半 at 2014年04月10日 22:36
>競馬歴七年半さん

佐野日大のレフティーは横からも投げ出しちゃいましたか、私は見れなかったですけど。
桜花賞はハープスター単勝、何倍になるんでしょうかね。
私はレッドリヴェールとの対決を楽しみにしています。
堅い決着になりそう?で穴馬は期待できなさそうなのは残念ですけど・・
Posted by 穴馬ユウサク@管理人 at 2014年04月11日 20:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。