2015年03月31日

マーチS[回顧]

丹内騎手がJRA重賞初制覇。

5着でも0.1差のハンデ戦らしい大接戦。

1着  マイネルクロップ(6人気)
2着 △イッシンドウタイ(5人気)
3着 ○マスクトヒーロー(1人気)

勝ちタイムは、1:52.7(良)。上がり38.2。

中山ダートは、標準的なタイムの良ダート。
8R1000万下で1:54.1だから、重賞で1:52.7は物足りない。

12.5-11.4-12.5-13.2-12.3-12.6-12.7-12.5-13.0
前半3F36.44F49.6(5F61.9) 後半4F50.83F38.2
このレースの標準的な流れ(ほぼ平均)。
中山ダ1800らしく上がりがかかる。

1着は、マイネルクロップ。
中位前寄りの追走から差しきり。
個人的な予想の第一印象は、この馬◎でした。
(近走準OP1着で、キクノソルに0.5差圧勝)
しかし、よく調べてみると、
京都4勝で、阪神や中山では連対が無い。
それで京都のような直線平坦コース向きなのか、と◎をやめたのでした。
(高松宮記念で忙しい時に、よく調べなければよかった・・・)
(いつもは、G1当日の裏重賞はもっと適当に予想するのに・・・)
実績ないコースで重賞勝ちは、それだけ充実してきたということか。

2着は、△イッシンドウタイ。
中位後方寄りの追走、直線外から差してきた。
この馬は、いつも走るわけではないが、はまると3走前1着やみやこS4着のような好走をする。

3着は、○マスクトヒーロー。
好位追走から完璧の内容かと思えたが押しきれず。
1着2着とは同タイムで、1キロハンデが重い分の負け。
重賞初挑戦で57キロで1人気だったが、重賞初挑戦としては上々の内容。

4着△キクノソルは、好位から54キロを生かして伸びたが、最後にやや鈍った。
軽ハンデでも少し足りない。

5着△ベルゲンクライは、後方から4角外まわり上がり1位。
重賞では、「上がり1位で届かないタイプ」か。

2人気▲ソロルは、8着。
最後に鈍ってしまった。
この馬は、わからない、「人気なら買ってはいけないタイプ」。
昨年1着は重馬場だったし、「速いダート向き」か。

◎としたサトノプリンシパルは、15着。
穴の第1候補マイネルクロップは、調べるとコース不安でやめにして、
第2候補キクノソルは、思わぬ4人気。
仕方なく、候補に考えてなかったこの馬を◎に。
この馬自身も次週コーラルSが除外になりそうなので仕方なくここに出走。
仕方なくでは好走できないし、馬券も当たりませんね。



posted by 穴馬ユウサク at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。