2015年09月09日

小倉2歳S[回顧]

キンシャサノキセキ産駒のワンツー。

1着 ○シュウジ(1人気)
2着 ◎サイモンゼーレ(7人気)
3着 △レッドラウダ(6人気)

勝ちタイムは、1:08.9(稍重)。上がり35.4。

小倉芝は、2Rまで重、4R以降は稍重。
タイムは逆に、1Rから良標準のタイムで、午後からの方が時計がかかっている。
(昨日まで芝の痛みがほとんど無く、日曜は使うほど悪化していったのか?)
(今年の小倉は開催当初の方が良でも時計がかかっていた)
8R9R12Rのタイムから察すると、小倉2歳Sは2着の1:09.3くらいが標準と見る。
したがって1:08.9は優秀か好タイムの方と評価しておくことにします。
(ここは見解の分かれる所か)

11.9-10.4-11.2-11.7-11.9-11.8
前半3F33.5 後半3F35.4
前後半差1.9秒は、このレースの標準ペース。
昨年2.4秒、2年前2.6秒、3年前2.5秒だからむしろこのレースとしては遅め。
というよりシュウジが強かったからかもしれない。
(普通この流れでラスト1Fが0.1とはいえ加速することはない、道悪ならなおさら)
(2着馬を1着と仮定すると前後半差2.3秒)

1着は、○シュウジ。
出遅れた。なのに好位追走。
4角で内から進出先頭に並びかける。
最後は楽に後続を突き放し0.4差完勝。
これは強い。スピードにあふれているのだろう。
ツルマルレオンの半弟だが、兄とはスケールの違いを感じる。

2着は、◎サイモンゼーレ。
好位の外追走。
3〜4角で1着馬が内を通ったのに対し、こちらは一番外をまわるロス。
その差を考慮しても1着馬にはかなわないだろう。
前走で前半33.5の流れを経験していたことはよかったか。

3着は、△レッドラウダ。
先頭からやや離れた3番手追走から伸びた(粘った)。
前走は前後半差2.4秒での逃げ、2着馬は次走楽勝。
思ったより少し人気薄だった。

4着△レッドカーペットは、スタートやや悪く中位追走。
直線は内で伸びが鈍った。
1200mはやや忙しいか。

5着▲コウエイテンマは、中位追走、直線は内で伸びが鈍かった。
4戦目で上昇度がなかったか。
(前走レベルのままだとこの相手だと5着くらいになる)

4人気△ジュンゲルは、11着。
前走の余裕あるレースぶりで人気になったのだろうが、前走レベルがあまりにも低すぎた。

5人気無ブンブンブラウは、9着。
出遅れが大きすぎた。
が、このレースでは「前走差し」の馬を狙ってはダメ。
このレースの差しの穴馬は、昨年オーミアリスのように「前走は先行」している。

<メンバーレベル>(新潟2歳SはB〜C、札幌2歳SはB)
B〜C
<1着馬レベル>(新潟2歳SはA、札幌2歳SはB〜A)
A(マイル以下なら)


(余談)
個人的には苦手な夏ローカル予想は、例年よりは◎か☆がよく3着内に来ましたが、
馬連・3連複の相手ヌケが多かったです^^

posted by 穴馬ユウサク at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/425577763

この記事へのトラックバック