2015年09月14日

セントウルS[回顧]

1着 ◎アクティブミノル(10人気)
2着 ▲ウリウリ(1人気)
3着 △バーバラ(5人気)

勝ちタイムは、1:07.8(良)。上がり33.8。

阪神芝は、開幕週でも標準的なタイムの良馬場。
1:07.8はやや遅め。
ペースが遅かったから。

11.9-10.8-11.3-11.1-10.9-11.8
前半3F34.0 後半3F33.8
このレースの特徴は、前後半差1秒以内の落ち着いたペースがほとんどなこと(昨年だけが例外)。
そうなりやすい理由は、
・最初のコーナーまでが短い(1200mの半分がコーナー部分)
・開幕週で上がりが速い
ということだろう(他に有力馬が前哨戦で無理しないということもあるか)。
今年もそうなるとは限らなかったが、個人的には落ち着くという方に賭けてみました。
思った以上に落ち着き、後半の方が速いという1200mとしてはスローとなった。

1着は、◎アクティブミノル。
押してハナを主張、逃げが決定するとペースを落とす。
最後は2着馬の強襲をハナ差しのいだ。
函館2歳S1着、ファルコンS2着、そして阪神外での朝日杯で5着に粘っていた。
終わってみれば、人気なさ過ぎだった(1200m実績がないマテンロウハピネスの方が人気が上だった)。
とはいえ◎にした私でも半信半疑での◎だった。
それは速い馬場での実績がなかったから。そして上位人気馬強力に感じたから。
終わってみれば、速い馬場でも問題なかった。
そしてレース前は強力と感じた上位人気馬だが、今のスプリント戦線のレベルが高くないのだろう。

2着は、▲ウリウリ。
大外枠の上に、出遅れた。
しかし、3〜4角ではいつのまにか内を追走。
直線は、馬場の真ん中に進路がうまく開けた。
ひと追いごとに伸びたがハナ差及ばず。
自身上がり32.8は、阪神内回りでは限界の数字。

個人的には、人馬ともに勝てばサマーシリーズ王者だったウリウリを○印にする予定だったんですが、
◎を逃げ馬に決定した後は気が変わり、同脚質のハクサンムーンを○にしてしまいました(3連複ハズレ後悔)。

3着は、△バーバラ。
好位追走、直線内から伸びたがじりっぽい。
少し足りなかったが、一時の低迷期を終え2走前から復調している。
2走前からのブリンカーがきっかけになったようだ。

4着△ストレイトガールは、中位追走から伸びたがハナ差及ばず。
前哨戦としたは上々だろう。

5着マヤノリュウジンは、てっきりポツン追走かと思ったら^^普通に後方追走。
直線前半でストレイトガールに寄られるかなりの不利。
(ストレイトガールはメイショウイザヨイの斜行の影響を受けた)
その影響があったかどうか、ゴール前の伸びはそれほどよく感じず。

2人気○ハクサンムーンは、8着。
2番手追走、最後はバテた。
「昨年2着時よりいいデキ」という情報を信じたのが間違いでした。
それにしてもこのペースでこの着順とは、どうしたのか?・・・

4人気△リトルゲルダは、9着。
昨年1着時のデキにはなかったか。

posted by 穴馬ユウサク at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック