2015年10月05日

スプリンターズS[回顧]

1着 ○ストレイトガール(1人気)
2着  サクラゴスペル(11人気)
3着  ウキヨノカゼ(9人気)

勝ちタイムは、1:08.1(良)。上がり34.0。

中山芝は、標準やや速めの良馬場。
10R1000万下が、1:08.0。
この馬場なら予想されるタイムは、1分7秒台前半。
それがなんと 1:08.1。
流れが遅すぎた。

11.7-10.7-11.7-11.2-11.2-11.6
前半3F34.1 後半3F34.0
前半3F34.1は、1990年G1昇格後史上最遅。
後半3Fの方が前半3Fより速いのも史上初。
中山マイルは下り坂スタート・直線急坂だから前半の方が1秒くらい速いのが平均ペース。
それが後半の方が速いのだから、数字以上のスロー。
前半2F目が0.3秒くらい遅く、前半3F目が1秒近く遅いというイメージ(例年のハイペースと比較すれば)。

「ためて差す」競馬になっている。
過去のスプリンターズSは、ハイペースで粘りきるという競馬が多かった。
スプリンターズSらしくない競馬。
3着馬の自身上がり32.8というのは、このレースではきわめて異質。

1着馬は、東京のヴィクトリアマイル1着馬。
2着馬は、東京の京王杯スプリングC1着馬。
3着馬は、東京のクイーンC1着馬。
「ためて差す」競馬に向いている馬のワンツースリー。
5着内全馬がサンデー系。

1着は、○ストレイトガール。
中位追走、直線前半は進路が狭かったが、抜けてからは最後の伸び良く完勝。
同厩舎のウリウリと人気に差がなかったが、ウリウリは前走でサマーシリーズ制覇が目標、この馬は前走がここへの叩き台という印象だった。
(それがストレイトガールを○印にウリウリを一番下の△印にした理由)
この馬の今までのスプリントG1は馬場が悪かったり不運な面があったが、今回は本領を発揮した。

2着は、サクラゴスペル。
好位追走から伸びた。
個人的には、この馬はG1では無理と思いましたが・・・
とはいえ、今年の高松宮記念で◎にした馬^^
今回こそ◎にすべきだったということに・・・
中山1200mは大得意。
2年前のこのレースは、8月1走し、4人気で11着大敗。
その教訓からあえて休養明けで臨んだらしい。
7歳というのもネックだったが、今年重賞2勝と今年の上昇馬ではあった。

3着は、ウキヨノカゼ。
後ろから3番手の追走、直線向いた時はこのペースでは届きそうにない位置だったが、外から良く伸びた。
自身上がり32.8。
3歳時にフェアリーS2着・クイーンC1着があり、単なる洋芝巧者ではなかった。

4着△ミッキーアイルは、掛かるのをおさえるのに苦労しての3番手追走。
個人的には、速いペースだったらこの馬が勝っていたかもしれないとも思う。(今回のスロー瞬発の流れは合わない)
逃げない練習を続けてきた馬だが、今回は逃げた方がスピードを存分に発揮できたのでは。

5着△ウリウリは、後方寄りの追走から、やや伸び負けた。
展開不利だったが、さらに後ろのウキヨノカゼに伸び負けている。
この馬は枠順が内でロスなく一瞬の脚を生かす方がいいのだろう。

6着リッチタペストリーは、直線伸びてきたが最後に鈍った。
個人的には、芝実績は大したことない(ダート一流)この馬が勝つようでは日本のスプリント界のレベルは深刻だと思っていたので良かったです。

7着☆レッドオーヴァルは、好位追走、このペースではいい位置だったが伸びきれず。
後ろからの方がいいのか、全盛期を過ぎているのか。

2人気▲ベルカントは、13着。
気性面の悪い所が再発してしまったのか?
夏重賞2勝は、危険な人気馬のパターンでもあった。

5人気△ハクサンムーンは、このペースで逃げて12着。
本調子に欠けるのか、衰えなのか。

◎としたアクティブミノルは、9着。
先頭とやや差があったので、自身の前後半は 34.5-34.2。
まさかのバランス(前走前半34.0より遅い)。
もう少し速いペースで先行して欲しかったですが、それができるほどのスピードがないということで能力不足ということか。
それとも関東がダメなのか?
ただ、来年の春か秋のG1の穴馬になるかもしれない?


キーンランドC回顧でも書いたように、
「強力な逃げ先行型スプリンターがいなくなった」。
とにかく、現在のスプリント路線の逃げ先行馬が低レベル。
(差し馬は、1着馬33.1・3着馬32.8の末脚は低レベルではないだろう)
(10Rには、そんな末脚を発揮した馬はいない)

サンデー系(ためて差す)ばかりが増えていくのが大きな原因か?

posted by 穴馬ユウサク at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/427301913

この記事へのトラックバック