2015年10月26日

菊花賞[回顧]

関西馬なのに関西初出走の馬が勝利。

1着  キタサンブラック(5人気)
2着 ▲リアルスティール(2人気)
3着 ○リアファル(1人気)

勝ちタイムは、3:03.9(良)。上がり35.4。

京都芝は、土曜2Rだけが突出して速かったが、他は超高速というほどではなく速め程度。
さらに、土曜も日曜も後半のレースの方がなぜか時計がかかっている。
(土曜は7R500万下より10R準OPの方が遅い)
(菊花賞の直前10Rはスローとはいえ準OPで1:08.1)
これは、よくわからない馬場。
菊花賞も、上がり35.4でスローではないのに、時計がかかり気味。
(昨年3:01.0レコード、2年前不良、3年前3:02.9)。
強めの北風も影響しているのか?

12.7-11.1-11.6-12.3-12.5(60.2)
-13.1-13.7-13.7-11.8-12.1(64.4)
-12.0-11.9-11.6-12.2-11.6(59.3)
前半3F35.44F47.7 後半4F47.33F35.4
中盤13.1-13.7-13.7と大きく緩んだ後、11.8と一気に加速、残り7Fロングスパートという変則的な流れ。
(正面後半から2角まで大きく緩み、向正面に入って急加速)
2角まで逃げたのは、スピリッツミノル。
レースを動かしたのは上がってきたアルバートドックで、つられてタガノエスプレッソも、そしてミュゼエイリアン横山騎手が先頭に立ちペースを作り直した。

1着は、キタサンブラック。
好位5.6番手のイン追走。
他馬が外からどんどん上がっていくと自然に位置が下がり、3〜4角は中位。
直線は最内から伸び、上がり1位。
コースロスがまったくなく、変則ペースの中で無駄な道中の動きもなし。
北村宏騎手の好騎乗だった。
(2012年ステイヤーズSトウカイトリック10歳1着も変則ペースでインでじっとしていた)
母父サクラバクシンオー、この馬が上がり1位、とは意外な結末。
個人的には、ダービーで距離の限界を感じたのですが・・・
2勝目が東京でサトノラーゼンに3馬身差圧勝していることからも、大回りコースでも全く問題ない馬で、むしろ向くのかも?。
(穴党の期待としては有馬・日経賞と人気を裏切り春天で狙う)(勝手な願望で失礼しました)

2着は、▲リアルスティール。
なんとか折り合い、前寄りの追走で、キタサンの直後。
向正面に入ってからキタサンの前になる。
直線向くときもキタサンより前だったが、キタサンが最内からスムーズに加速できたのに対し、こちらは前が壁気味でその分遅れた。
クビ差にせまったが届かなかった。
キタサンとの差は、直線向いての運の範囲(枠順の差でもある)。

3着は、○リアファル。
スタート後に少し逃げ争いになった、2番手追走。
向正面に入って外から他馬が上がってきたのも誤算だっただろう、4番手くらいに下がる。
直線向いてリアルスティールの進路をふさぐ形になるが、内からキタサンに抜かれた。
最後は上2頭に伸び負けた。
もっとすんなりした展開だったらよかっただろうし、変則的な流れで前にいた不利があった。

4着タンタアレグリアは、中位追走、直線外から伸びたが最後は若干鈍ったか。
ダービーよりは適舞台だったのだろうが、少し足りなかった。

5着△サトノラーゼンは、中位のインでじっと我慢、3〜4角では後方寄りとなる。
直線の伸びはじりじり。
距離のせいかもしれないが、理想より位置が後ろになってしまった。

6着ベルーフは、直線前半前が壁で追い出しが遅れたのがキレないタイプなので痛かった。
上がりが速くない流れは向いただけにスムーズに追い出せればもう少し上の着順だったかも。

7着△ブライトエンブレムは、後方追走、3角でサトノラーゼンの内に行こうとすると、それを見た岩田騎手が内に斜行、それにより後退する大不利。
(岩田騎手は過怠金50000円だが、これは悪質では?)
上がり2位だがじりっぽく、そういうタイプだけによけいに不利が痛かった。

4人気△スティーグリッツは、ゲートで立ち上がり大きく出遅れ(ゴールドシップのよう^^)。
個人的には過剰人気では?と感じていて、この馬の結果が一番興味深かったのに、その結論がわからないまま、まともな競馬が見られなかったのは残念。

◎としたアルバートドックは、12着。
前走で掛かった馬を狙うのは間違いでした。
掛かる馬が馬群の一番外を追走した時点でダメ。
なんとか内に入れて欲しかったですが・・・

posted by 穴馬ユウサク at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック