2016年03月22日

スプリングS&阪神大賞典[回顧]

スプリングS

1着 ▽マウントロブソン(4人気)
2着 △マイネルハニー(5人気)
3着 ○ロードクエスト(1人気)

勝ちタイムは、1:48.1(良)。上がり36.2。
9Rまでは稍重だったが、9R準OP1:33.8だから良標準のタイムの馬場(ただ全レース上がりがかかり気味)。
それで1:48.1はやや物足りない。

12.7-11.5-11.8-12.3-12.0-11.6-12.0-11.6-12.6
前半3F36.04F48.3(5F60.3) 後半4F47.83F36.2
このレースは例年ほとんど平均ペース。
今年もほぼ平均ペース。

1着▽マウントロブソンは、出していっての好位追走、ラスト1F12.6の分届いたという印象。
距離延長はいいだろうが、高速馬場で速い上がりになるとどうか?

2着△マイネルハニーは、逃げなら良馬場でもやれる。
皐月賞が道悪になるのなら追加登録料を払う価値がありそう。

3着○ロードクエストは、スタートの悪さは相変らず、それを補えるほどの末脚でもなく。

4着☆プランスシャルマンは、積極的な競馬をしたが力及ばず。

5着△ミッキーロケットは、伸び上がるようなスタートで最後方、上がり1位でも及ばず。

3人気7着▲ドレッドノータスは、先行しないとダメなのか。
過去2走は「京都スローで先行」、危険な人気馬はこの馬が正解でした。


阪神大賞典

1着 ○シュヴァルグラン(1人気)
2着 △タンタアレグリア(4人気)
3着 ▲アドマイヤデウス(3人気)

勝ちタイムは、3:05.8(良)。上がり35.6。
この日のタイムは、ほぼ良標準に近い(ただ2000m内の5Rと10Rは時計がかかっている)。
(前半のペースが遅くても上がりが速くならない馬場、特に内回り)(強風の影響もあったか?)
3:05.8は標準的だが好タイムかもしれない。
(5Rと10Rの内回りは時計がかかっているので)

13.0-11.6-12.5-12.2-12.3-12.2-12.6-13.7
-13.3-12.6-12.3-11.9-11.6-11.6-12.4
前半3F37.14F49.35F61.6 後半5F59.84F47.53F35.6
このレースは上がり4F加速が多い、今年もほぼそういう流れ。
それほどスローにならなかった。

1着○シュヴァルグランは、余裕の完勝。
問題は高速キレ勝負になった場合。

2着△タンタアレグリアは、2馬身半差完敗だが、3着には3馬身差をつけた。

3着▲アドマイヤデウスは、最内狙いで詰まった。
とはいえ2着は難しかったか。

4着☆タマモベストプレイは、長い距離の方がよさそう。

5着マイネルメダリストは、復調している。

2人気7着▽トーホウジャッカルは、仕上がり不足だと長距離ではこたえる。

5人気6着△カレンミロティックは、逃げが合わない可能性がある。

posted by 穴馬ユウサク at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック