2016年03月23日

フラワーC&ファルコンS[回顧]

フラワーC

1着 ○エンジェルフェイス(1人気)
2着 ▲ゲッカコウ(2人気)
3着  ウインクルサルーテ(14人気)

勝ちタイムは、1:49.3(良)。上がり35.6。
標準的なタイムの良馬場。
1:49.3は物足りないが、フラワーCならこの程度だろう。
(スプリングS 1:48.1 上がり36.2)

12.7-11.9-12.2-12.5-12.2-12.2-11.9-11.3-12.4
前半3F36.84F49.3(5F61.5) 後半4F47.83F35.6
スローだが、上がりもそれほど速くない。

1着○エンジェルフェイスは、レディアルバローザの全妹・キャトルフィーユの半妹だから、このレース(中山1800)がピッタリという印象。
ということは、桜花賞もオークスも合わない?

2着▲ゲッカコウは、決め手不足で中山がピッタリという印象。
(母母はオークス2着チューニーだが・・・)

3着ウインクルサルーテは、中京2歳S(牡馬相手に上がり1位)と京都2歳S(牡馬相手に展開不利上がり2位)の内容は悪くなかった。
牡馬オープン相手でその内容なら、今回の実質500万下メンバーで3着あっても不思議ないが・・・
1走おきに走るタイプか?


ファルコンS

1着 ▲トウショウドラフタ(2人気)
2着 ▽ブレイブスマッシュ(3人気)
3着  シゲルノコギリザメ(9人気)

勝ちタイムは、1:25.0(不良)。上がり39.7。
極悪不良馬場。
ハイペースでこの時計だから相当悪い馬場。
(なお月曜は良発表でも重馬場に近いタイムの馬場、次週は?)

11.9-10.5-10.9-12.0-13.1-13.0-13.6
前半3F33.3 後半3F39.7
「前後半差6.4秒」!これほどの前後半差はまずお目にかかれない。

1着▲トウショウドラフタは、田辺騎手で1400m3連勝、すべてが完勝。

2着▽ブレイブスマッシュは、前2走は距離が長かったようだ。

3着シゲルノコギリザメは、上がりがかかるほどいいタイプ。
シンザン記念3着も上がり36.0という京都にしては上がりがかかる流れだった。
(その時は京都の3角前上り坂で11.5を記録するきつい逃げ)
前2走のように直線で11秒台前半加速する落ち着いたラップになると苦戦する。
そういう意味ではここは狙うべき(印つけるべき)タイミングで、個人的には今週の予想で一番悔いが残る。

4着◎マディディは、上がり2位で少し足りなかった。

1人気12着○シュウジは、ハイペース先行とはいえ負け過ぎ。
転厩が影響したのか?

4人気11着△ルグランフリソンは、中1週が影響したかも。

posted by 穴馬ユウサク at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック