2016年03月29日

日経賞&毎日杯&マーチS[回顧]

日経賞

1着 ▲ゴールドアクター(2人気)
2着 ○サウンズオブアース(1人気)
3着 △マリアライト(4人気)

勝ちタイムは、2:36.8(良)。上がり33.9。
標準的なタイムの良馬場。
2:36.8は、かなり平凡。
スロー過ぎたから。

7.0-12.1-12.6-13.1-13.1-13.7-13.5
-13.2-12.4-12.2-11.8-10.9-11.2
13秒台が5つもある超スロー。
上がり2Fのキレ勝負。

1着▲ゴールドアクターは、2キロの斤量差があるのだから強い内容。

2着○サウンズオブアースは、重賞未勝利で、重賞2着は6回目。

3着△マリアライトは、有馬記念の内容からも牡馬一線級とほぼ差がない競馬ができる強い牝馬。

4着△アルバートは、上がりが速いと苦戦。

5着△ディサイファは、距離が長いのか?上がりが速いのが合わないのか。

7着◎ホッコーブレーヴは、単勝52倍の人気薄には驚いたが、その通りさっぱりの結果。終わってしまったのだろうか?


毎日杯

1着 ○スマートオーディン(1人気)
2着 △アーバンキッド(4人気)
3着 ▲タイセイサミット(2人気)

勝ちタイムは、1:47.3(良)。上がり33.3。
標準〜速めの良馬場。
1:47.3はやや遅めだが、スローだったから。

12.6-11.5-12.2-12.6-12.7-12.4-11.3-10.6-11.4
前半3F36.34F48.9(5F61.6) 後半4F45.73F33.3
かなりのスローから、上がり3F瞬発力勝負。
過去10年の上がり3F最速が2010年34.1だから、今年はダントツに上がりが速い。
(なお、その2010年1着は、スマートオーディンの父ダノンシャンティ)
(その後ダノンシャンティは、NHKマイル1着、ダービー前日出走取消)

1着○スマートオーディンは、東スポ杯1着の自身上がりが32.9、今回の自身上がりが32.7というキレ味。
逆に前走のように上がりがかかる馬場展開は苦手(プラス体重のせいもあっただろうが)。

2着△アーバンキッドは、相手が強過ぎた。

3着▲タイセイサミットは、上がりが速いと決め手に欠ける。

4着◎レインボーフラッグは、上がり2位。
「距離短縮で脚がたまれば」という私の期待にこたえてくれたが、少し足りなかった。

5着△ロワアブソリューは、正攻法の競馬より逃げか追込みの方がいいタイプか。


マーチS

1着  ショウナンアポロン(8人気)
2着 ○バスタータイプ(1人気)
3着 ▲ドコフクカゼ(2人気)

勝ちタイムは、1:52.7(良)。上がり37.3。
標準〜やや速めの良馬場。
1:52.7はやや物足りないが、スローだったから。

13.1-12.1-12.9-12.9-12.3-12.1-12.2-12.1-13.0
前半3F38.14F51.0(5F63.3) 後半4F49.43F37.3
前半4Fが超スロー。
上がり5Fの競馬となった(超スローからのロンスパ)。

1着ショウナンアポロンは、オープン入りしてから初めて単騎でマイペースで行ける楽な展開。
メンバー構成とトウショウフリークの大外枠から、単騎で行ければ粘れると予想した人は狙えた(私はサッパリ)。
この馬、8人気以下での連対は6度目。

2着○バスタータイプは、これで全成績が[5.5.2.1]。

3着▲ドコフクカゼは、展開不利上がり1位。

4着△イッシンドウタイは、決め手不足。

5着△クリノスターオーは、58キロとはいえ、重賞3勝の全盛期より弱くなっている?

4人気11着△サンマルデュークは、展開不利とはいえ、さすがに重賞となるとOP特別のようにはいかないか。

posted by 穴馬ユウサク at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/435891689

この記事へのトラックバック