2016年04月12日

阪神牝馬S&ニュージーT[回顧]

阪神牝馬S

1着 ▲スマートレイアー(2人気)
2着 ○ミッキークイーン(1人気)
3着 △ウインプリメーラ(5人気)

勝ちタイムは、1:33.1(良)。上がり34.2。
標準的なタイムの良馬場。
1:33.1は少し遅め。ペースが落ち着いたから。

12.8-10.8-11.6-11.9-11.8-11.1-11.3-11.8
前半3F35.24F47.1 後半4F46.03F34.2
ややスローからの上がり3F加速。

1着▲スマートレイアーは、前走から逃げ馬に変身。2年前1着は1400m上がり1位だった。
ヴィクトリアマイルは前2年8着10着だが、新戦法で今年はどうなるか?

2着○ミッキークイーンは、上がり1位、ゴール直前の伸びが素晴らしかった。

3着△ウインプリメーラは、精一杯頑張ったという印象。

4着◎カフェブリリアントは、直線半ばで一時2番手になった(喜んだ)が、最後は伸び負けた。

3人気9着▽ストレイトガールは、引退撤回してこの結果では・・・
ただ、昨年ヴィクトリアマイル1着は自身上がり33.0という実質かなりのスロー(ミナレットだけ別競馬)。
今年もそれぐらいのスローになればチャンスあるかも?

4人気8着△アンドリエッテは、最後方では無理だが、それでも5着しなければいけないメンバーで物足りない。


ニュージーランドT

3着まで同タイム、5着まで0.1差の大接戦。

3頭とも中山で1着がある馬。

1着 ▲ダンツプリウス(2人気)
2着  ストーミーシー(14人気)
3着  エクラミレネール(12人気)

勝ちタイムは、1:33.9(良)。上がり35.2。
標準的なタイムの良馬場。1:33.9も標準的。

12.2-11.0-11.7-11.7-12.1-11.8-11.7-11.7
前半3F34.94F46.6 後半4F47.33F35.2
このレースは例年ほとんど平均ペース。今年も平均ペース。

1着▲ダンツプリウスは、10戦目でタフ、キレはそれほどない。これらの特徴はブライアンズタイム産駒らしい。

2着ストーミーシーは、大外まわり上がり1位。
折り合いがつき距離延長は問題なかったようだ。
大穴男江田照男騎手の面目躍如(忘れた頃にやってくるのでやっかい^^)。
ただ、大きく斜行したのはいただけない。

3着エクラミレネールは、終始インをまわり、うまく立ち回った。
前走は悪いスタートから前に行き過ぎた。今回は好スタートから下がり中位で脚をためた。
中山1600の菜の花賞1着馬だから、2着馬よりは狙いやすかったですが・・・

4着○アストラエンブレムは、4角大外まくりで伸びきれず(不利受けたのはゴール寸前)。
2歳時から伸び悩んでいる印象。

5着△レインボーラインは、じりっぽい伸び。

6着ハレルヤボーイは、最後不利を受けたが、それまでの位置が後ろ過ぎ、外まわるロスがあった。

3人気7着▽サーブルオールは、3〜4角まくりで直線向くと先頭をうかがう勢いだったが最後は鈍ってしまった。
個人的には過剰人気と思ってましたが、これだけ人気するということは将来は走ってくるのだろうか。

5人気12着△ボールライトニングは、骨折らしい。

posted by 穴馬ユウサク at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/436584545

この記事へのトラックバック