2016年05月16日

ヴィクトリアマイル[回顧]

1着 ☆ストレイトガール(7人気)
2着 ○ミッキークイーン(1人気)
3着 ▽ショウナンパンドラ(2人気)

勝ちタイムは、1:31.5(良)。上がり34.3。
午前中は標準くらいのタイム、午後はやや速くなっていったか。
(なお、土日ともに前日に散水を実施しましたとの記載あり)(馬場情報の「週末情報」)
8R9Rともにペースが遅いとはいえそれほど高速タイムではない。
ヴィクトリアマイルだけが抜けて標準より速い。
ペースが流れたことと、0.4差1着のストレイトガールが優秀なのだろう。
この馬場ならおそらく標準は2着の1:31.9くらい。

12.3-10.4-11.1-11.9-11.5-11.4-11.3-11.6
前半3F33.84F45.7(5F57.2) 後半4F45.83F34.3
前半3Fが速い(逃げレッドリヴェール)。その分前半4F目11.9と緩めるがそこで掛かったカフェブリリアントがたまらず先頭に立ったため前半5F目11.5。
全体のバランスは平均ペース。
2着馬を1着と仮定すればラスト1Fは12.0。
前に行った馬にはつらいペースだったろう。

昨年
大逃げ3着ミナレット 前半5F56.9 自身上がり35.3
2番手2着ケイアイエレガント 前半5F57.9 自身上がり34.0
5番手1着ストレイトガール 前半5F58.9 自身上がり33.0(1:31.9)
最後方10着スマートレイアー 前半5F60.1 自身上がり32.9
今年
11番手1着ストレイトガール 前半5F58.1自身上がり33.4(1:31.5)

昨年は後続がスロー追走(超縦長)していたが(それでミナレットが3着に残れた)、今年は後続が差なく普通に追走、まともな能力勝負になった。
ストレイトガールは昨年より位置は後方だったが、追走ペースは今年の方が0.8秒速かった(その分全体タイムを詰めている)。

1着☆ストレイトガールは、7歳で驚きの強い内容。
前走大敗は、引退撤回後で仕上がり不足だったのだろう。

2着○ミッキークイーンは、反応が良くなく地力で2着を確保。
この距離のスピード勝負では勝ち馬の方が強過ぎた。

3着▽ショウナンパンドラは、スタート悪く1着2着馬の直後の位置を確保するのに脚を使う。直線は大外へ。
それらのロスがあってのハナ差だから、実質2着の評価をしていいか。

4着▲スマートレイアーは、前2走とは前半のペースが全然違い、前に位置するアドバンテージがなかった。
この馬は上3頭より強くはないだろうから、4着は力を尽くした妥当な着順だろう。

5着△ルージュバックは、この距離不向きだろうが、2着3着馬は地力で2着3着しているわけで、この馬はこの程度なのか。

6着マジックタイムは、G1ではやや力不足だったが、4着と同タイムで上々だろう。
思った以上に人気になったが、
マジックタイム10.4倍
ストレイトガール17.7倍
これは逆であるべきだった。

7着ウキヨノカゼは、上がり1位タイ。
この距離自体はこなせそうだが脚質が極端すぎる。

8着△クイーンズリングは、高速上がりが向かないのか。
それにしても案外。左回りに問題あるのか?

◎としたウインプリメーラは、11着。
力不足でした。
本来なら、◎ストレイトガール☆ウインプリメーラとすべきなんでしょうが、今年は負けが込んでいるのでどうしても一気に挽回を狙ってしまい・・・

posted by 穴馬ユウサク at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック