2016年05月17日

京王杯スプリングC[回顧]

1着 ▲サトノアラジン(3人気)
2着  サンライズメジャー(7人気)
3着 △ロサギガンティア(2人気)

勝ちタイムは、1:19.6(良)。上がり33.5。
土日ともに前日に散水あり(馬場情報の「週末情報」参照)で、午後の方が速い馬場か。
スローなのにコースレコードとタイ。

12.4-11.1-11.1-11.5-10.9-11.2-11.4
前半3F34.6 後半3F33.5
昨年ほどの超スローではないが、スローとなった。

1着▲サトノアラジンは、前走3着は余裕ある仕上がりだったのだろう(−8)。
それにしてもこの距離で自身上がり32.4のすごい脚は驚き。
前走の回顧で「重賞9回出走中8回が人気より着順が下」と書いたように期待を裏切る馬だったが、今回は3人気で重賞初勝利。
いよいよ本格化なのか半信半疑。

2着サンライズメジャーは、最後方から上がり1位タイ。
昨年マイラーズCで逃げて2着してから前の方に位置する競馬が多かったが、後方から差す競馬の方が合っているかも。
(昨年マイラーズCは超スローだったから逃げてよかった)
それと、1400mの方がいいかも(1400寄りのマイラー)。
(昨年阪神C4着は直線前壁で追えたのはラスト100mほど)

3着△ロサギガンティアは、休養明けで上々か。

4着△ダッシングブレイズは、外から同じく伸びた1着2着馬に比べると伸びが物足りなかった。

5着☆アイラインは、上がり2位。
さすが東京1400m3勝の得意コースだったが、相手が強力だった。

6着△オメガヴェンデッタは、高速馬場が合わないか。

1人気○エイシンスパルタンは、7着。
折り合い欠く場面もあったが、まずは初重賞の壁か。

◎としたブラヴィッシモは、10着。
高速馬場が合わないのか。

posted by 穴馬ユウサク at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/437987528

この記事へのトラックバック