2007年10月29日

天皇賞(秋)[回顧]〜メイショウサムソン凱旋門賞断念の無念晴らす快勝〜

メイショウサムソンが、馬インフルによる凱旋門賞断念の無念を晴らしました。
馬場は急速に乾き、良馬場に近い速い時計で行われたのはよかった。
しかし、降着処分があり、後味の悪い結果。

1着 ○メイショウサムソン(1人気)
2着 ☆アグネスアーク(7人気)
3着  カンパニー(6人気)

勝ちタイムは、1:58.4。
稍重にしては速い時計。

12.9-11.5-11.7-11.6-11.9-11.9-11.9-11.5-11.4-12.1
道中ずっと11秒台、淀みのない平均ペース。
前半59.6 後半58.8

1着は、○メイショウサムソン。
2馬身1/2差をつける完勝。
馬インフル騒動により凱旋門賞を断念、自身も馬インフルに感染。
しかし、その後順調に調教を積まれ、直前の追い切りを馬ナリで済ますほどの仕上がりの良さ。
見事に無念を晴らしました。
今思えば、昨年の秋は状態がよくなかったのでしょう。
来年の凱旋門賞に期待したいです。

2着は、☆アグネスアーク。
降着馬に不利を受けながらの見事な2着。
好走しても人気が上がらない馬。
今回も、前2走と同様にこの馬は走っていると思います。
なのに、この馬が穴馬となったのは、「人間心理」。
・前走馬体が減っていたので反動がありそう、
・430キロの馬は、G1では無理ではないか、
・調教が悪い(この馬は調教走らない)、
・好位差しで派手な上がりを記録するわけではない、
・吉田隼人騎手、
といったことで人気が上がらないのでしょうか。
(私も重賞1着がないことにこだわり☆印が精一杯)
しかし、この馬は体調下降の2戦を除けば、相手が強くなっても即、好結果を出しており、昇級の壁というものがない。
非常に潜在能力が優れた馬。

金曜前売りで、この馬の単勝・複勝を100万円ずつ買った人がいるらしいですが、「終わってみれば」単勝・複勝セットで投資することに納得もできてしまう。
複勝の払い戻しは、780万円ですかー。

3着は、カンパニー。
昨年はゲート内で暴れ外枠発走など、過去東京ではすべて何かと不利があった。
スムーズに走ればこれくらいは走れる馬。
(コスモバルクに不利は受けてたようですが)
気性面で、久々の方がいいのでしょう。
間隔を詰めると燃えすぎる?
今年は、福永騎手がG1でよく穴になりますねー。

4着は、△ポップロック。
個人的には、この馬には勝って欲しくなかった。
なぜなら、前走この馬に完勝したインティライミが最強馬ということになってしまうから。
上がり34.4は、上位3頭より速い上がり2位ですが、届かなかった。
前走上がり33秒台を記録したといっても、それはスローだったから。
G1では、この距離は少し不足でしょうか。

△アドマイヤムーン、△ダイワメジャーは、降着馬による不利の影響が大きかったようですが、同じ不利を受けたアグネスアークが2着に入っており、・・・・・・
何ともいえません。
不利がなくてのこの両馬の着順が知りたかった。
△アドマイヤムーンは、日本の高速馬場でも本当に強いのか?
△ダイワメジャーは、衰えてきているのでは?
という疑問は解消しないまま。

▲チョウサンは、最後方待機で上がり最速でも8着。
前走は、中位やや後方からの差し切りであり、最後方ではとても無理。
道悪がまったくダメなのか、前走レコードの反動もあったのか。

◎に期待したブライトトゥモローは、見せ場のないまま。
2着3着馬は、G2で実績がある。この馬はない。
というのが予想の反省点。


posted by 穴馬ユウサク at 01:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 回顧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック